ニュース


20.12.27 【森 栄次監督コメント】皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝に向けて


27日(日)、オンラインで記者会見が開かれ、29日(火)に迫った、「皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝」に向けた意気込みを、森 栄次監督が語った。

【森 栄次監督】
(皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会決勝の対戦相手、日テレ・東京ヴェルディベレーザとはなでしこリーグを含めて今シーズン三度目の対戦になるが、これまでの戦いを踏まえて大事になることはどんなことだと考えているか?)
「なでしこリーグでは1勝1敗でしたが、どういう形で戦ったらいいかということは今、模索中というか、コーチなどと話してどういう戦いをしようかと考えています。今日、明日で準備できればと思っていますが、難しい試合になるとは思っています」

(なでしこリーグはその試合でいい結果が出なくても取り返すチャンスはあるが、皇后杯はその試合の結果で全てが決まる。その違いについてどう捉えているのか?)
「ビハインドになってしまうと苦しい展開になるということは思っています。最初の1点がどちらに入るかは分かりませんが、その1点が非常に大事だと思っています。勝ちにこだわりながら、もしかしたら今までのスタイルも少し変更しなければいけないということも視野に入れながらやっていきたいと思っています」

(皇后杯決勝は昨年と同じ対戦カードで昨年はまさに1点に泣いたという形だったが、そこからのチームの成長や対戦相手との兼ね合いという点での変化についてはどう考えているか?)
「今年1年戦って粘り強くなってきたと思います。特になでしこリーグに関してはすごく粘り強くなってきたという印象があります。ベレーザさんは個がしっかりしているので、その個をどうやって封じていくかということがテーマの1つだと思っています。そこを少し考えながらやっていきたいなと思っています」

(日テレで特に気をつけないといけないと考えている選手は誰か?)
「長谷川 唯選手と小林里歌子選手かなとは思っています。今は遠藤(純)選手も調子がいいですが、どちらかと言えば中盤を支配する長谷川選手をしっかりマークできればと思っています。ボール出しや一歩の抜けが速かったり、裏へのスピードが速かったりするところがカギになるのかなと思っています」

(これまでの戦いを変えるかもしれないという話だったが、相手のよさを消すことに重きを置くということなのか?)
「そういう時間帯も必要だと思っています。自分たちが支配するという今の形、ボールポゼッションを高めるということでずっとトレーニングしてきましたが、あのやり方は体力がいります。連戦で間も少なく、ベレーザさんは準決勝を90分で終えていましたが、我々は延長戦も含めると120分戦いましたし、移動もありました。そういうところも踏まえていろいろなことを考えながら作っていければと思っています」

(柴田華絵選手がケガで欠場していて南 萌華選手をゲームキャプテンにしているが、その狙いと南選手に期待したいことは?)
「南は後ろで最近、プレーの中でもそうですし、まとめてくれています。ああいう若い選手をもっと前に出したいということもありますし、将来はチームを背負って立つと思っていますし、今は副キャプテンという形にしていますが、いずれはキャプテンになる逸材だと思っています。プレーを見てもらえる選手だと思っています」

(準々決勝は雪の仙台で戦い、中3日で底冷えするような寒さの京都で準決勝を120分戦ったが、選手のコンディションはどうか?)
「今はそこが一番気になるところです。意図的に休ませているところもありますし、今は戦術的なところは落とし込みますが、一番はコンディションというところに来ていると思います。コンディションをいかに持っていけるかというところですね。前回の京都でフルタイム戦った選手はかなり足にきていますし、京都のグラウンドも若干硬かったりしましたので、コンディション作りは大事だと思っています」

(特に回復で取り入れていることはあるか?)
「こちらとしてはそうでもないですが、休ませるということしか今はやっていません。なるべく各自が試合に合わせてコンディションを作れるように、今日ももちろんトレーニングをやりますが、そんなに上げるつもりもありません。戦術的な落とし込みだけで終わろうと思っています」

(大会前にお話を伺ったときに「山を越えないと本当の強さにはならない」とおっしゃっていたと思う。なでしこリーグでは総合力が示されたと思うが、皇后杯では準々決勝も準決勝も苦戦した部分もあったと思う。その中で日テレと対戦して優勝することが今季のレッズレディースの本当の強さを証明することになると思うが、森監督はどう考えているか?)
「おっしゃる通りですね。リーグではいろいろなチームが戦ってくれますし、引き分けがあったり負けがあったりしますが、皇后杯は1対1ということで本当の勝負になりますし、女子のサッカー界をリードしているベレーザさんと対戦できるということはいいことだと思います。これが本当の1つの山、これを越えたら本物になるのではないかという期待もあります」

(この2試合の試合展開や試合内容で決勝に向けてプラスになったことはどんなことか?)
「粘り強さはあるのではないかと思います。交代出場の選手もそんなに大きな差は感じていませんし、交代出場で出ていく選手もゲームにすんなり入っていけていることはいいなと思っています」

(勝敗には運も関わると思う。皇后杯準決勝のアルビレックス新潟レディース戦は危ないシーンがあったがクロスバーに3本当たって入らなかったが、それは運かもしれない。森監督は運についてどう感じているか?)
「それはあると思います。僕もそういうことは信じ込んでいるタイプです。バーに当たったり、外してくれたり、そういうことはサッカーにはあります。たまたまというか、それで勝ったというゲームはたくさんあると思いますし、僕の中では大事にしているところです。そういうものを持っている選手はいると思いますし、そこを勝負どころにするということはよく考えています」

【試合情報】皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝 vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

ニュース一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト