ニュース


20.12.27 【南 萌華コメント】皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝に向けて


27日(日)、オンラインで記者会見が開かれ、29日(火)に迫った、「皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝」に向けた意気込みを、南 萌華が語った。

【南 萌華】
(まだ数日あるが、皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝前の心境はどうか?準決勝の試合後とは違った心境もあるのかと思うが?)
「準決勝の試合後は120分戦ったこともあって疲れていましたが、今は回復もできていて、決勝に向けてワクワクしています」

(コンディションが心配だが、回復するためにいつも以上に心がけていることはあるか?)
「試合が終わってから森(栄次)監督からも『一番はコンディションだ』という話もされましたし、選手みんなが自覚していることだと思います。みなさんが心配してくださっていますが、各自が一番分かっていると思いますので、決勝に向けてみんなが良い準備をしていると思います」

(南選手はレッズレディースの育成組織から上がってきた選手だが、日テレ・東京ヴェルディベレーザのユースチームである日テレ・東京ヴェルディメニーナも含めて、タイトルを獲るためにはいつも倒さなければいけない相手だと思う。決勝で日テレと当たるということについてはどう考えているか?)
「自分たちはユースのときの監督はシモさん(下山 薫レッズレディースアシスタントコーチ)でしたが、シモさんから『メニーナと対戦するときはいつも決勝戦だと思って戦え』と言われるくらい、メニーナ、ベレーザと戦う試合は毎試合大事な試合だと思っています。今回、決勝の舞台で戦えることを光栄に思いますし、毎回決勝戦で敗れていてはレッズの名として恥ずかしいと思ってしまいます。決勝の舞台で勝利することに意味があると思いますので、まずは良い準備をして、思い切り全力で戦いたいと思います」

(今シーズンはなでしこリーグで1勝1敗だったが、日テレ戦はどういうところが大事になりそうか?)
「自分はセンターバックということもありますが、一番は守備が大事になると思っています。失点をしないことが一番大事だと思っています。ベレーザはいい攻撃の選手たちがいるので、そこをいかに抑えられるかがカギになってくると思います」

(日テレといえばこういうサッカーでこういうところを抑えないといけないということは監督やメンバーが変わってもあるものなのか?)
「日テレのスタイルはポゼッションをうまく活用してきて攻撃してくるイメージですが、なでしこリーグの第2節はうまくロングボールも使ってきましたし、私たちのサッカーをうまく分析してきているという印象もあります。個の1対1や球際での勝率は必ず試合の勝ち負けに関わってくることだと思いますし、相手がどんなサッカーをしてこようとも球際や1対1にチーム全員で勝っていくことに力を注いでいきたいと思っています」

(皇后杯の準々決勝と準決勝はいずれも先制して追いつかれたが、難しい時間帯もあったことが決勝に向けてプラスになっていると感じているか?)
「失点をしてしまうとチームの状況としても難しくなってしまうという印象をこの2試合で本当に感じたので、いかに失点しないかが勝負のカギになってくるのではないかと思います」

(失点して負けなかったこと、焦りや消極的になったりすることはどうだったのか?メンタル的に失点しても大丈夫というプラスの面にはつながっているか?)
「このチームは立ち上がったときから1点取られても2点、3点取り返せばいいという森監督のスタイルもありますし、チームとしては失点しても焦らずにゲームを進めていける力は確実に付いていると思います。私自身はDFということもありますし、失点したくないということは一番に思っていますが、チームとしては失点しても焦ってゲームが崩れてしまうということはありませんし、それはこの2試合でも確実に実感できています。それは皇后杯の中でも成長できているところだと思います」

(南選手も優勝したことがあるJFA第25回全日本女子U-15女子サッカー選手権大会が夏から冬になり、レッズレディースジュニアユースは昨日の準決勝で勝利して決勝に進出した。決勝は皇后杯決勝の前日なので見に行くことはできないだろうが、ジュニアユースの活躍でプラスの喜びややりがいは感じているか?)
「U-15の大会は私も経験しましたし、レッズファミリーとして決勝戦を楽しんでほしいという気持ちもあります。ジュニアユースが良い戦いをしてくれれば私たちの励みにもなると思いますし、一緒に良い結果を得られればいいなと思っています」

(いつも2バックのような形で守っており、センターバックとGKのトライアングルでリスク管理をしているが、日テレ戦となると守り方も変わってくるのか?)
「日テレがどう出てくるか何も分からないですし、試合が始まってからチームとして流動的に動ければいいと思っています。今までやってきたスタイルは変えずに、チーム力で戦ってければいいと思っています。いつもフネさん(長船加奈)やさっこさん(池田咲紀子)に助けてもらいながらですが、今シーズンの集大成として良いゲームができればと思っています」

(ディフェンスラインがずるずる下がらないことを意識していると思うが?)
「高い位置でボールを奪えれば攻撃にもつなげやすいので、そこは常に意識していることです。ディフェンスラインとしては背後のスペースをさっこさんがカバーしてくれることでラインを高く設定できるという強みもありますし、そこは変えずにチームとして積み上げてきたものをしっかり発揮していきたいと思っています」

(最後に笑いたいか?)
「良い形で終われるよう良い準備をしていきたいと思います」

【試合情報】皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 決勝 vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザ

ニュース一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト