ニュース


21.12.25 皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会 4回戦 vs 伊賀FCくノ一三重 試合後 選手コメント


【清家貴子】
「皇后杯の最初の試合ということで難しくなると予想をしていましたが、なかなか先制点が取れずに、チームもきつい時間が長い試合でした。でも、みんなが勝ちたいという思いが強くて、その気持ちが結果に表れたかなと思います」

【質疑応答】
(苦しい状況の中ラスト5分を切っての得点です。ゴールシーンを振り返ってください)
「裏に抜け出してのシュートは、後半、FWに入ったときから狙っていました。時間が経つに連れてその形が増えていって何度かチャンスをつくったのですが決めきれない中で、(得点シーンは)いいボールが来たのでGKを見てから、落ち着いてシュートをすることができました」

(その前に惜しいシーンやチャンスがありました。ゴールシーンやシュートを打っていくイメージは描けていましたか?)
「自分がFWで起用されるということは、チームとしても前へ前へというプレーを期待されていることだと思っています。それを表現したいと思っていました」

(今日の試合ではサイドバックでスタートし、途中でツートップの一角に入りました。ポジションチェンジはスムーズにできていますか?)
「どちらでも違和感はないです。サイドバックからFWもできますし、もしかしたら流れの中でサイドバックに戻ることもあるかもしれないので、準備はできています」

(苦しい状況でしたが、どのように、相手を崩していこうと考えていましたか?)
「前半は蹴り合ってしまって、相手のペースになった部分もありましたが、徐々にボールをつなげることができて、自分たちのペースに持っていくことはできていたと思います。ですが、後半は自分が前に入って相手のサイドの裏を狙っていこうというチームの共通認識があったので、後半はそれを意識していました」

(次戦はサンフレッチェ広島レジーナと対戦します。意気込みをお願いします)
「4回戦は突破しましたが、皇后杯は始まったばかりです。一戦一戦が大切な試合で、絶対に負けられません。これが最後の試合ではありませんが、すべてをかけてぶつかっていきたいと思います」


【南萌華】
皇后杯は毎試合、負けたら終わりです。チームとしてもなんとしても勝たないといけないという気持ちで試合に臨むことができました。その部分でも気の緩みはなかったので、試合の入りでの失点は今までの課題でしたが、失点をせずに試合を進めることができました。また、伊賀FCは、昨年も苦しめられたチームです。それもあって、気を引き締めたゲームができたのかなと思います。

【質疑応答】
(緊張感と慎重さのあった試合の入りになりました。試合前はどのようなことを考えていましたか)
「入りのところで失点をしないということはチームとして意識をして入りました。逆に私たちは勢いを持って攻撃ができればと話していた中で、しっかりと集中して試合に入れたかなと思います」

(先ほど監督から試合前に選手たちも他会場の結果を知っていたという発言がありましたが、南選手は情報を得ていたのでしょうか)
「他の試合は結果が少し気になってしまったこともあり、知った上でゲームに入りました。改めて皇后杯は何が起こるかわからないということを思い知る形になりましたが、そのこともあって試合に入ったので、逆に気を引き締めて入れたと思います」

(苦しい状況が続く試合でしたが、どのように相手を抑えていこうと考えていましたか?)
「伊賀FCは裏に速いチームです。前線に足が速い選手もたくさんいる中で、DFとしてはセカンドを生み出したいと考えていました。そこは相手も狙っていて、セカンドボールを多く拾われてしまったので、試合を優位に進めるのは難しい状況になったと思います。ただ、一番は失点をしないで試合を進めることが大事だったので、そういうときこそ、後ろのリスクマネジメントは常に話ながらできたかなと思います」

(守備のがんばりに応えるように残り5分を切っての得点が生まれました。そのときの心境を教えてください)
「今日は、あの形でチャンスをつくれていたので、継続しながらと考えていました。私たちのサッカーができたかと言えば、そうではないと思いますが、皇后杯は一発勝負です。勝つことが大事なので、得点を生み出せたことは一つチームとしても良かったと思います。次に向けていい準備をしていきたいと思います」

(次戦はサンフレッチェ広島レジーナと対戦します。意気込みをお願いします)
「リーグでは負けている相手なので、個人的には対戦が楽しみですし、何としても勝ちたいという思いです。次戦まで短い時間ですが、しっかりと回復をして、思い切りチーム全員で力が発揮できれば良いなと思うので、全員でいい準備をしていきます」

ニュース一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト