ニュース


21.12.29 皇后杯 JFA 第43回全日本女子サッカー選手権大会 準々決勝 vs サンフレッチェ広島レジーナ 試合後 選手コメント


【高橋はな】
【質疑応答】
(大きな勝利になりましたが、勝因として感じていることを教えてください)
「全員の気持ちが一つになって、試合を取るんだというところが大きかったと思います」

(2試合連続の無失点勝利です。守備においての手応えはいかがですか?)
「前線の選手がハードワークをしてくれて、ボランチを含めてDFラインやGKもみんなが集中をしてできています。まだまだ完璧とは言えないですが、チームとしてやろうとしていることが少しずつ出せているのが無失点につながっています。ここでもう一度修正をかけて、いいところは続けながら次の試合に向かっていかないといけないと考えています」

(我慢する時間が続きましたが、最後まで粘り強い守備ができた要因を教えてください)
「全員が集中している中で、声掛けの部分が大きいです。後ろの選手もそうですし、中盤の華さん(柴田華絵)や(安藤)梢さんも積極的に声を出してくれました。チームの集中が切れそうなときでも、レッズレディースには声やプレーで示してくれる選手が本当に多いです。そうしたことが最後までみんなが全力でプレーできる要因につながっていると思います」

(セットプレーからの惜しいシュートシーンもありました。攻撃面で感じていることも教えてください)
「自分自身に関しては、毎試合得点を取ることを目標にしています。今日のチャンスのシーンは決めないといけなかったですし、チームに対して申し訳ない気持ちです。自分も決めたいという気持ちもありますし、チームとしてもセットプレーで最近は得点をできていないので、もう一度みんなで合わせていきたいと思います」

(次は、年明けの1月5日に準決勝を戦います。意気込みをお願いします)
「難しい試合になると思いますが、チームとしてやることを整理して、次の試合も全員が同じ方向を向いてしっかりと全力で戦いたいと思います」


【猶本 光】
【質疑応答】
(試合を振り返っての勝因として感じることを教えてください)
「全員でハードワークをして球際でもしっかりと勝つということを意識しました。攻撃ではしっかりとボールを握る、ボールを動かすことを、みんなで合わせてやれたことが最後の2得点につながったと思います」

(試合では我慢の時間も長ったように見えました。セットプレーなど多くのチャンスを作る中で攻撃面で特に考えていたこと、イメージしていたことはどのようなことですか?)
「前半はしっかりとボールを動かすということで、後半勝負になるというイメージがありました。なので、得点が入らないことにストレスはなかったです。ボールを動かしながらDFラインを突破することはできていましたし、セットプレーに関しては、中の選手と話し合ってできた部分も大きかったかなと思います」

(その中で左足での美しい先制点が決まりました。得点シーンを振り返ってください)
「清家選手がすごく速くて驚きましたが、あのがんばりがあって私のところにボールがこぼれてきました。こぼれてきたときにゴールが空いているのが見えたので、入って良かったです」

(いよいよは次は準決勝です。意気込みをお願いします)
「難しい試合になると思いますが、今日の試合のようにしっかりと我慢をして、自分たちがボールを握りながら最後はゴールを取れるように、みんなで勝利を勝ち取れるようにがんばりたいと思います」

ニュース一覧に戻る

2021-22 Yogibo WEリーグ 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸5020162226
2浦和4220133416
3東京NB3420104614
4千葉L34209748
5マイ仙台31209479
6S広島R2520749-2
7AC長野2120569-9
8新潟L1920479-10
9大宮V1820398-14
10N相模原13202711-18
11EL埼玉13202711-20

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス WEリーグについて レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter レッズレディース公式Instagram 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト