マッチトピックス


15.09.04 vs 伊賀フットボールクラブくノ一「自分たちの力を信じて戦い、重要な再開初戦で勝利する」(吉田 靖監督)


みなさん、こんにちは。明日5日(土)に浦和駒場スタジアムで、プレナスなでしこリーグ1部レギュラーシリーズ第14節、伊賀フットボールクラブくノ一戦を迎えます。

今回の中断期間では、もう一度チームのやり方を全員で統一することを心がけました。チームの状態が悪い中では、まずは守備から入るというところを徹底し、もっとアグレッシブにボールを奪いにいくことを意識するよう指導しました。

また攻撃面では、やや攻め急ぎ過ぎて単調な攻撃になる傾向がありました。ボールを奪ってから少ない手数でシュートまで持っていく速い攻めを狙いつつ、相手の人数が揃った状況では中盤でボールをつないで攻撃を組み立て、中央とサイドの両方を使って相手を攻略することを意識づけてきました。

中断期間前のベガルタ仙台レディース戦は、負けはしましたが、内容的には非常にいいゲームができました。あの試合での戦いを基準として、さらに緻密に、チームを作っていけたと感触を得ています。8月29日に行ったASエルフェン埼玉とのトレーニングマッチでも、まだまだ課題はあるにせよ、いい手応えを掴めました。

中断期間中、なでしこジャパンの試合やU-19日本女子代表の試合があり、なかなか全員でトレーニングをすることはできませんでした。ただ、選手たちはそれぞれがいい経験をして、チームに戻ってきてくれています。再び国際舞台で活躍するためにも、まずはチームで、いい活躍をしてほしいと考えています。

伊賀FCは前にスピードのある選手や、中盤でパスを出せる選手もいて、守備も固いです。直近の2試合を見ても、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースを相手に終盤までリードしていましたし、INAC神戸レオネッサ戦でも互角に近い戦いをしていました。とても手強い相手だと感じています。

レギュラーシリーズも残り5試合となり、エキサイティングシリーズの上位リーグに進むためには、最初のホームゲーム2連戦が非常に重要です。そうした戦いに臨む前に、選手たちには、どんな状況になっても自分たちの力を信し、前向きにプレーするよう伝えてきました。サッカーでは何が起こるか分かりませんから、あらゆる想定をして、試合に臨みたいと思います。

ファン・サポーターのみなさんには、苦しい状況の中でも温かい声援を送っていただき、本当にありがたく思っています。それに応えるためにも、今度こそいい試合をして勝利し、喜んでいただきたいです。選手たちは最後まで全力で闘いますので、伊賀FC戦でも、熱いサポートをよろしくお願いします。

20150905_vs_igafc_yoshida

マッチトピックス一覧に戻る

NEXT GAME

浦和レッズ

セレッソ大阪堺レディース

8/9 2020プレナスなでしこリーグ1部
第4節
vs セレッソ大阪堺レディース
浦和駒場スタジアム
17:00 キックオフ

2020プレナスなでしこリーグ1部 順位表 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1浦和933004
2I神戸933004
3C大阪堺933003
4日テレ632012
5愛媛L33102-1
6新潟L33102-1
7ジェフL33102-2
8ノジマ33102-2
9伊賀FC03003-3
10マイナビ03003-4

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について 皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド なでしこリーグオフィシャルサイト