マッチトピックス


20.08.30 MDI vs アルビレックス新潟レディース






清家貴子



みんなが道筋を作ってくれるから
積極的に仕掛けていきたい




前節、INAC神戸レオネッサに勝利し、首位に立っています。ここまでの手応えはいかがですか?
「I神戸にもリーグではなかなか勝つことができなかったので、素直にうれしいです。セレッソ大阪堺レディースに敗れましたが、日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦に続く上位陣からの勝利となり、チームとしても自信がついたのかなと思います。今シーズンは、チームを1から積み上げていくのではなく、昨シーズンからの続きというイメージなので、シーズンにもうまく入れたのかなという感覚があります。個人としては開幕節で負傷交代しましたが、状態も安定しました。もう大丈夫です」

今シーズンも清家選手の攻撃参加は欠かせません
「高い位置でボールをもらったときは自分で仕掛けることを意識しています。それは求められているので常に考えていますが、同時にアシストも含めて得点に絡むことも続けていきたいですね。今のレッズレディースは、自分の長所を生かすような道筋をみんなが作ってくれます。それがすごくわかるので、縦に仕掛けてクロスやシュートを積極的に狙っていきたいという思いもあります。それに守備ではセンターバックの二人を中心にみんなに助けられています。それが大きいですし、レッズレディースだからできるプレースタイルなんです。ピッチの中での緩急の“急"を担うことが多いので、しっかりと仕事をまっとうできるようにしてきたいと思います」



サイドバックになって2シーズン目です。醍醐味は感じていますか?
「はい。気持ちはサイドバックになりました。サイドバックは敵陣に遠いので、時間もスペースもあります。前を向いてプレーができることが合っているなと感じていますが、今年は特に相手から研究されて、縦を警戒されていると感じているので、それをかいくぐっていける力をつけていきたいです」

その上でタイトルを目指すシーズンになります
「チームとしての戦い方は定まってきていますが、自信を過信にしてはいけないと、改めて思います。今シーズンは、なかなか勝てなかった日テレ、I神戸に勝利して自信を得たとしても、勝ち点は同じ3です。どこかで落とせば、順位もすぐにひっくり返る。だからこそ、一つひとつを大切に戦っていきたいという思いが強いですし、優勝に向けても一戦一戦を大事にしないといけないと思います」

今節はアルビレックス新潟レディースと対戦します。最後にファン・サポーターのみなさんにメッセージをお願いします
「たくさんのみなさんがさまざまな形で応援してくれている中、拍手でも気持ちが伝わってきて、よりがんばろうと思えるホームで戦えるのは、やっぱり心強いです。その中で新潟Lと対戦しますが、前回は逆転勝利も2失点をしています。まずは失点を抑え、自分たちのできることをやりながら、しっかりと勝ちにいきたいです!」




森 栄次監督

勝たないといけない一戦
今こそチーム一丸となって戦う








みなさん、こんにちは。レッズレディースは、アウェイでの2連戦を戦い、連勝を手にホームに戻ってきました。

第4節 セレッソ大阪堺レディースに敗れ、今シーズン初黒星となりましたが、悔しさの残る中、「結果は結果。しっかりと受け止めて、もう一度原点に返って戻る場所に戻ろう」と選手に伝えました。迎えた敵地での連戦です。この2試合は、しっかりとボールをつないで攻めていくというレッズレディースの原点に戻って戦うことができ、勝利をつかみました。特に前半戦のポイントとなる大きな試合だと考えていたINAC神戸レオネッサ戦は、酷暑の中、しっかりとゲームに入り、最後までよく走ってくれたと思います。

チームを率いて2年目になりますが、レッズレディースの戦い方が浸透し、自分たちのペースで試合を進めたり、相手を見ながら焦らずに攻めたりすることができるようになっています。その上で、さらに求めているのは個と組織の融合です。就任当初は組織だけで戦おうという場面が見られましたが、リーグを戦う上では、それだけでは厳しいものです。だからこそ、「個でも勝負しよう」と伝えており、徐々にそのシーンが増えてきています。レッズレディースの選手たちは、個々に土台や個性を持っています。それが出ないと、選手は光らないのです。だからこそ個と組織の融合が見られるようになってきたこと大きく、さらにお互いがお互いの良さを理解し、長所を出し合えるようになれば、レッズレディースはもっといいチームになるでしょう。

リーグも第6節を終え、チームは首位に立っています。ですが、本当の山場はこれからです。相手ももっと我々を研究してくるでしょう。そのときに、どのように戦っていくのかは大きな宿題でもあります。そして、厳しい暑さが残る中、連戦を戦いきらないといけません。そのためには、チーム全員の光る力が必要であり、今こそチーム一丸となって戦うことが大事なのです。

本日は、第2節で戦ったアルビレックス新潟レッズレディースと再び対峙します。前回は先に2失点をしましたが、その反省を生かし、しっかりと仕切り直して挑みたいと考えています。なかなか勝利できなかったI神戸に勝てたからこそ、次の一戦が大事であり、勝たないといけない試合なのです。選手たちも、そのことをよくわかっていますし、厳しい残暑に負けぬ熱き勝利を届けたいと思います。


REDS LADIES WONDERLAND WITH ALL OUR HEARTS




polus

nike

mhi

mitsubishi-motors

enecle

shimachu

aukabucom

i-ll-group

corso

eco

lcworks

hanakura

kirin

saiden-chem

saishin

jcom

coopdeli

legacy

taiyou

taiseilamick

tohshin

kfc

nyk

psmitsubishi

rhythm






マッチトピックス一覧に戻る

NEXT GAME

浦和レッズ

INAC神戸レオネッサ

9/21 2020プレナスなでしこリーグ1部
第11節
vs INAC神戸レオネッサ
浦和駒場スタジアム
17:00 キックオフ

2020プレナスなでしこリーグ1部 順位表 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1浦和2498018
2日テレ19961222
3I神戸1795228
4C大阪堺159432-9
5新潟L1494232
6伊賀FC1110325-3
7ノジマ119324-3
8マイナビ69135-4
9ジェフL69135-6
10愛媛L510127-15

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について 皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド なでしこリーグオフィシャルサイト