ニュース


21.04.29 WE リーグプレシーズンマッチ ノジマステラ神奈川相模原戦 試合後 選手コメント


WEリーグプレシーズンマッチ vs ノジマステラ神奈川相模原 試合後塩越選手コメント

【塩越柚歩】


前回は1-1と拮抗した試合だったので、今日、得点をたくさん取って勝てたことは、すごく良かったと思います。

【質疑応答】
(今日は2得点です。得点シーンを振り返ってください)
「前回は似たようなシーンが何度かあり、カットインをするか、外でボールを持つか悩んでしまい、シュートを打てなかったシーンがありました。その中で、1点目の左足のシュートは、相手を抜き切らないでも思い切り打ち切ろうと思って、イメージどおりできたので、入って良かったなと思います。2点目は(安藤)梢さんがいい落としをしてくれて、カットインしたときにコースがあいていたので、ドリブルをしました。ゴールのコースもキレイにあいていたので流し込んだ形です」

(2ゴールも含めて今シーズン初勝利です。率直な気持ちを教えてください)
「プレシーズンマッチとはいえ、結果にこだわりたいと思っている中で、前回は、追いつかれての引き分けでした。まだ調整している部分もありますが、勝ちにこだわるところで、今日はしっかり勝ち切れて良かったという思いがあるのと同時に、もっと得点を決め切ることや無失点で勝ち切ることができたらなと思います」

(次戦に向けて)
「次の試合まで1ヵ月弱あきますが、前回と今回で出てきた課題、守備で取り切ることや攻撃でシュートを打ち切ることを徹底していきたいです。次はINAC神戸レオネッサさんとの試合なので、難しい試合になると思いますが、いろいろなことにチャレンジしながら勝負にこだわっていけたらと思います」

(失点してからの得点でした。失点によってチームもピリッとしたようなところはありましたか?)
「失点してしまいましたが、スコア的にはリードしていたので、下を向くことはない状況でした。ですが、追加点を取らないと相手のペースにのまれるなという思いがあり、決められてすぐの時間帯にゴールができて良かったなと思います」

(監督、総監督から一番言われていることはどのようなことでしょうか)
「守備で枚数をかけて取り切ることは、前回の試合前から言われています。攻撃の距離感はここまでに培ってきて、今後もどんどん伸ばしていけたらと思いますが、守備において、取り切れたらもっといい形で攻撃ができるということを、森総監督もよく言っています。守備で取り切ること、枚数をかけて取り切るという点も言われることですが、前回はあまり球際で取り切れるシーンや勝てるシーンも少なく、相手にこぼれてしまうことが多かったので、今日の試合前も、そのことに関しては強く言われていました」

ニュース一覧に戻る

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト