ニュース


20.09.06 2020プレナスなでしこリーグ1部 第8節 vs ノジマステラ神奈川相模原 試合後 監督・選手コメント


2020プレナスなでしこリーグ1部 第8節 vs ノジマステラ神奈川相模原 試合後コメント

【森 栄次監督】

「前半を2-1というスコアで折り返してくれました。最初のセットプレーから1点が入ったのは、練習の成果だと思います。2点差がついてからも、ノジマさんは結構前からプレッシャーをかけて人に強く当たるハードワークができていたと思います。その中でもうまくボールを回せという指示をしていましたが、あまりうまくボールが回らず、カットされるシーンが結構出てきました。

後半、メンバーを入れ代えて、ツートップにして前を少し重くして、そこにボールを収めるように言いましたが、それもなかなかうまくいかず、また清家(貴子)をサイドバックに戻して、安藤(梢)をトップ下に置いたところ、少し流れが出てきました。これでいけるかと思っていましたが、2-2と同点にされました。しかし最後、(菅澤)優衣香が裏をとって、PKをもらいました。そういうところの勝負強さも、今のチームには出てきたかなと思います。

個々のミスやうまくいかないところもありますが、今はチームワークとして、一つひとつ勝っていくところをテーマにしています。内容はもちろんありますが、結果がうまく出てくれたので、非常にいいゲームだったと思います」

【菅澤優衣香】

「先に早い時間帯で2点取れたのですが、その後、結構相手の時間が続いて、苦しい時間になって前半で1点を返されてしまいました。前半の部分の修正はしたかったのですが、後半の立ち上がりも相手の勢いで先制されてしまったので、そこはチームとして反省しなければいけないところです。

(ハットトリックを振り返って)
1点目は練習していた通りにいって、(猶本)光が蹴って入ればいいし、誰かが触って入ればいいという感じだったので、うまくそれができて良かったです。

2点目は水谷有希選手から縦パスが来たので、うまくキーパーをかわして、あとは落ち着いて押し込むだけでした。

3点目は、長嶋玲奈選手からいいフィードボールが来て、うまく相手DFの前に体を入れられたので、そこで打つか、もしくはファウルをもらってPKがもらえる状態でした。PKになり、しっかりと落ち着いて決めることができて良かったです

次節はしっかりとチーム全員で、無失点で勝ちきれるようにしたいです。しっかり最後までチーム全員で戦って、勝ち点3が取れたのと、自分自身FWで点が取れたので良かったです」

【高橋はな】

「菅澤(優衣香)選手がハットトリックをしてくれて、それに本当に助けられたと思います。自分自身はセンターバックとして、今日の試合は出させてもらって、まわりの選手に助けられてばかりでした。ここから、また自分自身も成長していけるように、そしてチームも勝っていけるように、がんばっていきたいなと改めて思った試合でした。次も絶対に勝ちます」

ニュース一覧に戻る

NEXT GAME

伊賀FCくノ一三重

浦和レッズ

11/1 2020プレナスなでしこリーグ1部
第9節
vs 伊賀FCくノ一三重
上野運動公園競技場
13:00 キックオフ

2020プレナスなでしこリーグ1部 順位表 順位表
順位チーム名勝点試合得失
1浦和3414111214
2I神戸261482411
3日テレ251481521
4C大阪堺2514743-4
5新潟L20146262
6ジェフL1814536-1
7マイナビ1514437-4
8ノジマ1414428-9
9伊賀FC1114329-13
10愛媛L1114329-17

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について 皇后杯 JFA 第42回全日本女子サッカー選手権大会 sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド なでしこリーグオフィシャルサイト