ニュース


20.11.14 2020プレナスなでしこリーグ1部 第17節 vs マイナビベガルタ仙台レディース 試合後 監督・選手コメント


2020プレナスなでしこリーグ1部 第17節 vs マイナビベガルタ仙台レディース 試合後コメント

【森 栄次監督】

「相手が思った以上に放り込んできて、自分たちのセンターバックを起点として、そのこぼれ球からはじまったり、そこを起点にして攻撃されましたが、非常にそこを耐えてくれました。センターバック2人はいい形でボールを回してくれました。前半は、いい形で折り返すことができました。ハーフタイムに、後半は追加点を取りにいこうと話しました。

後半は、高橋(はな)の右足シュートが決まり楽な展開になりました。全体的には我々のペースでゲームを運ぶことができたと思います。ボールもよくつながり、ディフェンスのところもしっかりとボールが取れていました。この勝利を次の最終節のホームゲームにつなげ、そして皇后杯へと進みたいと思います」

【佐々木 繭】

「優勝が決まった後の試合なので、気持ちの持っていき方が難しかったですが、ホーム最終戦、皇后杯に向けてしっかり勝てて良かったです。

前半はボールをしっかり握れて得点できましたが、後半バタついてしまいましたので、そこでもうちょっと落ち着いてボールを回すところと、もう1点取りに行くぞという姿勢を見せられたらよかったと思います。

今日の試合はベガルタ仙台として最後のホーム最終戦ということでしたので、私も5年間お世話になったスタジアムで全力のプレーができたということは、非常に良かったと思います」


【高橋 はな】

「やっと点を取ることができました!

優勝した後ということで、試合前にチーム全員が、より一層強いチームになれるように、勝ち続けるチームになるためにということを話して試合に入りました。そういう意味でも今日、勝ち切れたのは大きいことだと思います。守備陣をはじめ、中盤の選手も前線の選手も全員がハードワークをしての勝利でした。

メンバーに入っている選手も、またメンバーに入っていない選手も関係なしに、メンバー全員ががんばれるチームなので、このチーム力をホーム浦和駒場スタジアムでの最終節に向けて出していきたいですし、それを皇后杯にもつなげていきたいと思います」

ニュース一覧に戻る

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド WEリーグオフィシャルサイト