ニュース


20.01.26 2020シーズン新加入選手記者会見


26日、浦和レッズレディースの2020シーズン新加入選手記者会見が開かれ、フットボール本部 部長(レディース担当)宮崎義正、森 栄次監督をはじめ、猶本 光選手、上野紗稀選手、小嶋星良選手、髙橋美紀選手、一法師央佳選手が出席。5選手は抱負やチームの印象などを語りました。

猶本 光選手はSCフライブルク(ドイツ)、上野紗稀選手はジェフユナイテッド市原・千葉レディースからの移籍加入。小嶋星良選手はオルカ鴨川FCへの期限付き移籍から復帰となり、髙橋美紀選手、一法師央佳選手は浦和レッズレディースユースからの昇格となります。

【フットボール本部 部長(レディース担当) 宮崎義正】
「こんにちは。本日はお忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。浦和レッズレディースは昨年、森監督をお迎えし、タイトルを獲ろうと1年間がんばってきました。昨シーズンの成績は、あとひとつのところで優勝できず、残念なシーズンでした。今年は、ここにいる新しい選手を迎えて、『タイトル』という目標を掲げ、森監督の下、チーム一丸となってがんばっていきますので、よろしくお願いします。

それでは、新加入選手を紹介します。

猶本 光選手は、フライブルクからの移籍加入になります。彼女はみなさんもご存知かと思いますが、1年半前までレッズレディースに所属していました。今シーズン復帰し、即戦力として考えています。

ジェフLからの移籍加入の上野紗稀選手は、レッズレディースジュニアユース、ユース出身で7年ぶりの復帰となります。ジェフLでは昨年、キャプテンを務めていた左利きで左サイドのスペシャリストです。代表経験もあり彼女も即戦力として考えています。

小嶋星良選手は、2年前にトップに昇格しましたが、その後、オルカ鴨川FCへの期限付き移籍を経て復帰しました。FW登録ですが、右サイドであればDFからFWまでこなすことができるユーティリティーな選手です。

髙橋美紀選手は、レッズレディースユースではキャプテンでした。もともとは中盤の選手でしたが、DFでセンターバックなどを務めています。ユースでは中心選手として活躍していたキャプテンシーある選手です。

一法師央佳選手も、レッズレディースユース出身です。ボランチでプレーをしますが、攻守に渡って活躍できる器用な選手です」

【森 栄次監督】
「みなさん、こんにちは。昨シーズンに続けて監督を務めます。よろしくお願いします。昨年やってきたことを継続しながら、磨きをかけて今年1年がんばっていきたいと思います。メンバーは2名減って5名が加わり、総勢25名となります。昨シーズンよりも人数が増え、レベルの高い選手が入ってきてくれたので、より一層、ポジション争いが激しくなると思いますし、非常にありがたく思っています。優勝できるような手応えをつかんでいますので、今シーズンも、よろしくお願いします」

【猶本 光】
「2度目の新加入記者会見となりました。またレッズレディースの一員として戦えることをすごくうれしく思いますし、すごく楽しみにしています。よろしくお願いします」

【上野紗稀】
「中学、高校とお世話になったこのチームに戻ってこられて、本当にうれしいです。個の成長とチームを優勝に導くことを自分の中で目標にして、今年1年戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」

【小嶋星良】
「また浦和レッズレディースでプレーできることをとてもうれしく思います。みなさんに成長した姿を見せられるようがんばっていきます。今シーズンからよろしくお願いします」

【髙橋美紀】
「先輩方から多くのことを吸収し、1試合でも早くチームの勝利に貢献できるようにがんばります。よろしくお願いします」

【一法師央佳選手】
「中学のころからの目標であったレッズレディースに昇格することができ、とてもうれしく思います。1試合でも多く出場し、早くチームに貢献できるようにがんばります。応援よろしくお願いします」

[質疑応答]
(監督に質問です。補強のポイントは?)
「昨シーズン、指揮を執り、チームとして足りない部分が見えてきました。中盤にこだわって1年間やってきましたが、ポゼッションなどはできてきています。その中で、守備の部分では、切り替えなどはもう少しいけるかなと、1年を通して感じていました。昨シーズンまで戦ってきた選手に、ポテンシャルの高い新加入選手たちが加わって、潤滑になったらいいなと思いますし、守備に関しては、より高い精度を取りたいと考えていますので、強化していきたいと思います」

(選手のみなさんに伺います。レッズレディースの印象と見せたいプレーは?)
猶本 光
「私がいた1年半前とは監督も変わって、ボールを前から奪いに行くサッカーだったり、しっかりとボールを握るサッカーをしていると聞いています。そういうチームにフィットして、守備、攻撃面で自分の良さを出していけたらいいなと思います」

上野紗稀
「昨年まで、対戦相手として戦っていて、ボールをつないでゴールまで行くサッカーで、何よりも選手みんなが楽しそうにサッカーをしている印象がありました。攻撃参加や運動量を見てほしいと思います」

小嶋星良
「ユースのときからトップの選手たちのプレーを見てきた中で、攻守におけるハードワークや全員で連動したパスワークなど、すごくうまい選手が集まっている印象です。そのチームに馴染みつつ、自分の良さを出していけたらいいなと思っています」

髙橋美紀
「ユースのころにレディースの練習に参加したときから、先輩方がみんな優しく練習中もすごく仲が良い印象でした。でも、ピッチでは言い合ったり、しっかりと話し合うことができるのが、試合中のパスワークに生きていると思うので、自分も早くチームに慣れて、チームに貢献できるようにがんばっていきたいです」

一法師央佳
「一人ひとりのレベルの高さを感じています。その中に自分が入っても、置いていかれないように練習からしっかりとやっていきたいと思います」

(ファン・サポーターのみなさんへメッセージ)
猶本 光
「浦和レッズは男子も女子も、たくさんのファン・サポーターがいて、すごい熱い応援をしていただけるのが、すごくパワーになっています。その中でプレーをして1試合でも多く勝利をして、一緒に喜べるようにがんばりたいと思います」

上野紗稀
「対戦相手として聞いていた声援を味方として戦えることを、すごくうれしく思います。一緒に勝利をして、笑顔で喜べるシーンが増えるように今年1年、一緒に戦っていきたいです。よろしくお願いします」

小嶋星良
「浦和レッズの応援は、どのチームよりも熱い応援で、その中で、またプレーができることをうれしく思います。1試合でも多くチームに貢献できるように、自分の良さを出してがんばっていきます。よろしくお願いします」

髙橋美紀
「まずは、ジュニアユース、ユースと、遠いところまで応援に来てくださり、ありがとうございました。これからは、自分が恩返しできるようにチームの勝利に貢献できるようにがんばっていきたいと思います。勝利後の『We are Diamonds』を一緒に歌いたいと思っています。よろしくお願いします」

一法師央佳
「日本一のファン・サポーターのみなさんに、浦和駒場のピッチでプレーしている姿を1試合でも早く見せられるようにがんばっていきます。応援よろしくお願いします」

(猶本選手に伺います。ドイツで学んだことと古巣のレッズレディースを選んだ理由は?)
「ドイツではアジア人選手として、ポジション争いも、日本にいたころよりも激しいし、大変でした。その中でポジションを勝ち取っていくということで、いろいろなことを学びました。球際の強さやゴールへ向かう迫力などを学んだので、それを自分の成長につなげてレッズレディースでも成長し続けていきたいです。レッズレディースを選んだ理由としては、日本でプレーをするならレッズレディースが一番にありましたし、それ以外は考えていなかったところもあります」

(宮崎部長に伺います。GKが1人だが?)
「現在、検討・打診をしており、なるべく早く発表ができればと思っています。昨シーズンから引き続き、ユースの福田(史織)選手は出場可能な選手として登録をしますが、彼女もユースや代表の活動があるので、状況によっては試合に出られないこともあると思います。GKは森監督と相談して、検討しているところです」

ニュース一覧に戻る

NEXT GAME

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

浦和レッズ

5/2 2020プレナスなでしこリーグ1部
第6節
vs ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
第一カッターフィールド
12:00 キックオフ

2020プレナスなでしこリーグ1部 順位表
順位チーム名勝点試合得失
浦和000000
マイナビ000000
ジェフL000000
日テレ000000
ノジマ000000
新潟L000000
伊賀FC000000
C大阪堺000000
I神戸000000
愛媛L000000
2020プレナスなでしこリーグカップ
Bグループ 順位表

順位チーム名勝点試合得失
浦和000000
ノジマ000000
F日体大000000
ニッパツ000000
大和S000000
レディースチケット

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド なでしこリーグオフィシャルサイト PRIDREAMS SAITAMA 2023年、FIFA女子ワールドカップを日本で!