歴代ユニフォーム・・・2006年

みなさん、こんにちは。

今日は、歴代ユニフォーム紹介シリーズ・・・2006年です。

首周りの白のラインと肩から両脇にかけてつながる黒のラインが印象的でした。

エンブレムが中央に配置されたユニフォームも、レッズの歴史の中では、大変珍しく、貴重なユニフォームとなりました。

個性あふれるクオリティの高い選手たち、輝かしい戦績、この年のユニフォームデザインが、強く記憶に残っている方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この年、悲願のJリーグ優勝を達成☆

2004年、2005年と2年続けて、あと一歩でリーグ優勝を逃した悔しさを、見事に晴らしました。

更に、その後の天皇杯でも、主力選手数名を欠きながら、優勝。天皇杯連覇とリーグ戦&天皇杯の2冠を達成。文字通り、日本のチャンピオンとしてチーム、翌年のアジアの戦いに挑んでいくことになるのです。

浦和レッズの歴史の全貌は、こちらの作品で↓

“STAY HOME”をレッズでENJOY!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

レッドボルテージ臨時休業のお知らせ
4月7日に政府より発令された「緊急事態宣言」を受け、レッドボルテージは、宣言が解除されるまでの期間を、臨時休業とさせていただきます。
※工場圧着(4月10日仕上がり・4月17日仕上がり)にてユニフォームのネーム&ナンバーをお申し込みのお客様へ
レッドボルテージ店舗および圧着工場の休業により、商品のお渡し日は店舗営業再開後となります。