☆あの感動を再び・・・☆

今年、20周年を迎えたJリーグ。

Jリーグ公式サイト内で実施された
『Jクロニクルベスト』投票において、
過去20年間の「ベストイレブン」、「ベストゴール」、「ベストマッチ」が
ファン・サポーターのみなさんによって選出されました。

その結果、2006年12月2日(土)、埼玉スタジアム2002で行われた、
2006Jリーグ第34節、浦和レッズvsガンバ大阪の試合が、
数ある試合の中から「ベストマッチ」に選出されました。
そのベストマッチの記念パネル贈呈式が、
8月31日、アルビレックス新潟戦のキックオフに先立って
埼玉スタジアムのピッチ上で行われました。

贈呈式にはクラブを代表して、鈴木啓太選手が出席。
大東和美Jリーグチェアマンから、記念のフォトパネルを受け取りました。

現在、そのフォトパネルのレプリカ版を、
オンラインショップ限定で受注販売しています☆☆☆

◆商品名:『Jクロニクル ベストマッチ フォトフレーム』
◆サイズ:約400×330×15mm
◆販売価格:10,500円(税込)
◆受注期間:9月23日(月・祝) 23:59まで
◆お届け時期: 10月下旬より随時発送

オンラインショップはこちら(PC版)
オンラインショップはこちら(モバイル版)

2位、ガンバ大阪との直接対決となった最終節。
舞台は62,241人という満員のサポーターで埋め尽くされた埼玉スタジアム。
ポンテ選手の同点ゴール、そしてワシントン選手の逆転ゴール・・・
3-2で宿敵ガンバ大阪を破り勝ち取った、「リーグ優勝」という歓喜の瞬間。
フォトフレームに刻まれた数多くの写真からは、
その時の感動が鮮明に蘇ってきます。

レッドボルテージでも展示していますので、
是非、ご覧になってみてください!!!

当時、「この優勝はあくまで通過点だ」と答えていた鈴木選手。

7日(土)のナビスコカップ準決勝、川崎フロンターレ戦は、
次なるステップへ向けてのとても大切な一戦です。
第一戦は、アウェイ・等々力陸上競技場が舞台となります。

またあの時のような感動を味わいたい・・・・・
多くのレッズサポーターのみなさんが抱く、
その願いが叶いますように。

心をひとつにして声援を送りましょう!

◇営業時間のお知らせ
7日(土)は、20時まで営業し、川崎フロンターレ戦を放映します。

等々力に行けないファン・サポーターのみなさん、
レッドボルテージから一緒に熱い想いを届けましょう!!!