選手学校訪問


先日、さいたま市立道祖土小学校にトップチーム4選手が訪問、児童たちと交流を図りました。
今回は宇賀神友弥、柏木陽介、李 忠成、森脇良太の4名。

全校集会では、なんと9割近い児童が赤い服を着用してくれて、体育館が真っ赤でした!!
大太鼓も登場、応援団からレッズへの激励のコールが披露されました。

続いて、6年生のみで選手とのレクリエーションが行われました。盛り上がったのは、選手とのリフティング対決。
選手にはハンデが課せられるのですが、(写真上)李選手は小さい輪の中でリフティングをしていました!

クラスに分かれての授業では、選手たちが先生になり、児童たちと真剣に向き合っていました。
授業後は部活動見学。バドミントンやバスケ、卓球のクラブにお邪魔してふれ合い、今回の交流は終了となりました。 

◇◇◇episode
この日、市内の合唱祭のため不在だった5年生児童が、選手の帰るタイミングで学校に到着し、階段に整列して、合唱曲「TOMORROW」をプレゼントしてくださいました。
このお見送りには選手たちも大感激。

4選手たちは児童たちからたくさんのパワーやエネルギーをもらい、それを力に変えて、シーズン終了まで闘いぬいてくれると思います。

【2014.11.19 HT】