フットレリーフ


皆さん、ご存知だと思いますが、浦和駅西口伊勢丹前の歩道に歴代の監督から往年の選手のフットレリーフが設置されているのを。

今年は、2年前の南アフリカワールドカップで活躍した、長谷場誠選手(Vflヴォルフスブルク)、阿部勇樹選手(当時レスター)、そして昨シーズンでレッズを退団した堀之内聖選手の3名のフットレリーフ(足型)を設置。

ホーム開幕の3月17日(土)朝10時から記念のクリアファイルの配布と同時にお披露目が行なわれた。

開始1時間前から約50名近くが集まり、開始直前には約200名近くの人が列を作り、クリアファイルをもらいながら、フットレリーフを写真に収めていた。

【2012.03.17 HT:K】