サッカーツリー点灯式


 咲いたまつり、縁JOY鳩ヶ谷フェスタ、宗岡中学校授業サポート、桜区民祭り、緑区民祭り、浦和の未来についてイベント、県農林部講演会、未来くる先生西浦和小学校、埼玉大学むつめ祭レディーストークショー、駒場イベント、木崎小学校・・・と10月中旬から立て続けに続いたイベントの最後は、11月6日(土)浦和駅西口のサッカーツリー点灯式です。

地元小学校の金管バンドの演奏の後、18時から会長挨拶、地元少年団の始球式があり、当クラブからのゲストによる始球式点灯が行われました。

昨年まではクラブのスタッフが出演していましたが、初めて今年の実行委員会に出席させていただき、1週間前に終了する、なでしこリーグで優勝したら、ぜひレディース選手全員を出演させて欲しい、とお願いをしました。
打合せ当時はリーグ戦首位に立ち、優勝も見えていたこともあり、レディース選手のキックで点灯する華やかな演出が出来るのではないかと思い、提案させていただきました。商店会の会長さん始め役員の皆さんからも賛成をいただき、レディース全員の優勝お披露目を計画していました。
残念ながら最終戦は埼スタで日テレベレーザに敗れ、惜しくも優勝を逃してしまいました。
試合を見ても分かりましたが、後半数試合は疲れが溜まっているようで本来の力が発揮出来なかったようです。

次に始まる全日本女子選手権に向けて、優勝を逃した悔しさと疲労感を切り替えるため、1週間のオフが与えられました。準優勝とはいえ、あの姿を見たらオフ返上で寒い夜に出演はさせられず、困っていましたが、小金丸幸恵、堂園彩乃、吉良知夏、櫻本尚子の4選手が参加してくれることになり、内舘秀樹とレディース4選手による華麗なシュートで中ノ島にあるサッカーツリーの点灯式が無事終了しました。

選手たちは、金管バンドの子供たちと一緒に記念撮影を撮ったときに女の子たちから盛んに声をかけられていて、いいお姉さんぶりを発揮していました。
「地元のイベントに参加させてもらってうれしい」とコメントしてくれた彼女たちの活躍で、来年はぜひ優勝して全員でこの場に立たせてあげたいと思いました。

[2010.11.12.HT:K]