はじめての・・


ホームタウン推進部では、学校や幼稚園・保育園、そして障害者センターなどに積極的にハートフルクラブを派遣したり、トップ選手、レディース選手に訪問してもらっていますが、昨年から埼玉県にお願いして、養護学校を紹介してもらいました。

1月28日(土)初めて本庄にある養護学校を訪問しました。

幼稚園児から高校生まで親のいない、また別れてしまった子どもたちが暮らす寮付の学校でした。

学校の門をくぐったときに1人の生徒が元気に挨拶をしてくれて、事務所まできちんと案内をしてくれました。

その学校だけでなく近隣の施設からも同じ境遇の子供たちが集まり、まず初めに講堂で落合キャプテンの「心」について講話を聞き、グラウンドでは、ハートフルクラブのコーチによる学年別のサッカー教室を行ないました。

地域のサッカークラブに入っている経験者から初めてサッカーボールを蹴る子も、皆弾けるような笑顔で必死にボールを追いかけていました。

いつも1人で寂しい思いをしているのかコーチにまとわり付くシーンが多く、ちょっと考えさせられる思いがしました。

初めての養護施設でしたが、とても楽しく参加した子どもたちから、また来てほしいとせがまれ、次回訪問を約束しました。

またこのような機会があればぜひどこでも訪問して行きたいと心から思いました。

【2012.01.28 HT:K】