「夢の架け橋」


毎年1月初めに行なわれる埼玉県の事業「夢の架け橋浦和レッズサッカー教室」を今年も1月9日に実施しました。

事前募集で小学生高学年の子どもたち100人を招待し、埼玉スタジアムのメインピッチで行なわれます。

ハートフルクラブ落合キャプテン以下コーチ8名とホームタウン推進部に所属する内舘秀樹に野田紘史選手と濱田水輝選手、そしてレディースから安田有希選手と後藤三知選手の豪華メンバーで、サッカー経験者からサッカー初めての子どもたち、男の子、女の子にサッカー指導しました。サッカーの技術を教えるのではなく、「心を育み、サッカーの楽しさを教える」ハートフルクラブの精神に基づき、終始笑顔で楽しい1日を過ごしました。

なかなか埼玉スタジアムのメインピッチに立つことはないだけに、子どもたちにとって貴重な経験だったと思います。

【2012.01.09 HT:K】