「埼玉県運動部活動インターンシップ」・・・そしてそのあと


6月16日(土)、埼玉県教育局が県内の公立中学校と高校で今月から始める「運動部活動インターンシップ」の開校式に、ハートフルクラブのコーチが参加し、指導法のデモンストレーションを行った。

「運動部活動インターンシップ」は、保健体育科教員を目指す大学生らを中学校、高校の運動部の指導者として派遣するもの。

県教育局の呼びかけに県内外から学生、非常勤講師ら男女56名の応募があった。競技種目は、バレーボール、陸上、バスケットボール、野球、サッカー、ラグビー、水泳、剣道などがある。

知事公館で県政アドバイザーに就任した犬飼基昭氏(元日本サッカー協会会長)の講演が行われ、その後、ハートフルクラブ落合弘キャプテンをはじめ西村卓朗、小磯義明、伊藤健太各コーチが、大学生52名が見学する前で、埼玉大学教育学部付属中学校(さいたま市南区)のサッカー部員31名をモデルとして、サッカーの楽しさを伝え、熱のこもった実技指導を行った。

上田清司埼玉県知事、犬飼基昭県政アドバイザー、前島富雄埼玉県教育局教育長が見守る中、コーチから学生たちに激励の言葉が贈られ閉幕となった。

見学者を代表して日本女子体育大学4年生 菊池ゆめみさん(競泳選手)は 「生徒と年齢の近い私たちがスポーツの楽しさを共存できるようがんばります。」と「運動部活動インターンシップ」参加に意欲を燃やしていた。

閉会式と記者会見が終わった後に。

デモンストレーションといえど、1時間足らずの練習では、サッカー部員もそして落合キャプテンももの足りず、そのまま体育館に居残り、練習の続きが始まった。落合キャプテンの熱い魂が部員にも伝わったのか、デモンストレーションの時は見学者も多かったせいか、戸惑いながらの練習であったが、番外編になると俄然声も出るようになり、一つ一つの練習の意味が理解できたのか、一人ひとりのやる気が目に見えるように変わってきた。

30分だけと学校側に了解をもらっての延長練習でしたが、終わってみたら1時間は越えていた。でも部員一人ひとりが満足な、やり切ったという顔で、すがすがしさを感じた。

練習はやらされているのではなく、一つ一つのプレーに意味があり、それを理解して練習すれば、それは楽しいものになる。

ここでもハートフルクラブの精神が一つ生まれた気がした。

【2012.06.16 HT:K】