ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

16.01.13


2016シーズン加入記者会見および新ユニフォーム発表会

  •  

13日、埼玉スタジアムにて2016シーズン加入記者会見および新ユニフォーム発表会が行われた。今季より新加入したブランコ・イリッチ、駒井善成の2選手と、期限付き移籍から完全移籍での加入が決まった岩舘 直、そして、昨年から2015年JFA・Jリーグ特別指定選手としてチームに帯同していた福島春樹の4選手が会見に臨んだ。なお、同じく加入が内定している遠藤 航はU-23、伊藤涼太郎はU-18の日本代表活動のため欠席となった。



会見に先立ち、トップパートナーの株式会社ナイキジャパンより、2016シーズンモデルの新ユニフォームが発表された。ナイキジャパンの担当者からは、クラブ初となるボーダー柄を採用した1stユニフォームなど、各ウェアのデザインについて説明がなされたほか、軽量化や速乾性など選手のプレーを助けるテクノロジーなどについて説明がなされた。



続いて新加入記者会見が行われ、山道守彦強化本部長は次のように挨拶を行った。

「皆さんこんにちは。本日は浦和レッズの新加入記者会見にお集まりいただき誠にありがとうございます。新加入会見にあたり、本日は4名の選手をご紹介しますが、新加入選手はあと2人います。一人は、今日大事な試合を控えてますが、湘南ベルマーレから遠藤 航選手が加入することになっています。そして、いまU-18のロシア遠征に参加していますが、岡山県作陽高校から伊藤涼太郎選手が加入します。本日はこの4名の新加入会見をさせていただきます。選手のストロングポイントや、どのような考えを持っているかなどは、選手自身の口からお話しさせていただきますが、私からは冒頭に、この4選手と、今日は不在の2選手の加入についての狙いについてお話させていただきます。

ミシャ体制になって4年が過ぎました。その中でなかなかタイトルが獲れないことは重く感じています。一方で、ACLに本選から出場することができました。過去2回の参加でグループリーグ敗退となった事実を踏まえ、また、昨年はリーグで過去最高となる72ポイントの勝ち点を取り、これはチームとしてよくやってくれた数字だと思いますが、タイトルという結果がついてきませんでした。その過去の反省を踏まえて、ACLではグループリーグ突破をし、さらにその上まで行きたいと思っています。そして、勝ち点で72ポイントを取っても優勝できない、それ以上の勝ち点を取らなければならない、それを鑑みたときに、外国籍選手も含めて、新しいパワーを手に入れなければ厳しいのではないかという判断のもと、監督とも相談して、この4人プラス、いま海外でがんばっている2人に来てもらうことにしました。新加入選手に関する狙いはこのようなところです」

次に選手たちによる自己紹介に移り、それぞれが抱負を語った。



ブランコ・イリッチ
「私はブランコ・イリッチと申します。浦和レッズの新しい選手です。よろしくお願いいたします。浦和レッズの一員になれたことはとても名誉なことだと思います。日本のビッグクラブの一員になれてとても大きな喜びを感じています。日本に来る以前から、仲間から浦和レッズのことを聞いていました。来日してからも、このチームがどれだけビッグクラブであり、素晴らしいチームであるのかを、いま実感しています。いろいろなことが楽しみすぎて多くは語れないですが、これからもよろしくお願いします」



駒井善成
「京都サンガF.C.から今シーズン浦和レッズに加入させていただくことになりました駒井善成と申します。浦和レッズのようなビッグクラブに来ることができてとてもうれしいです。早く自分のプレーを出して皆さんに認めてもらえるようにがんばりますので、応援よろしくお願いします」



福島春樹
「専修大学から加入することになりました福島春樹です。浦和レッズというビッグクラブに加入できる幸せを感じています。そして、ここからが一番の勝負だと思っています。昨年は特別指定選手として浦和レッズでプレーしましたが、その経験を生かして今年からより一層がんばりたいと思います」



岩舘直
「1年半の期限付き移籍期間を経て完全移籍という形で加入させていただくことになりました。去年はアキレス腱断裂のケガがあり、約半年間、チームを離脱して迷惑をかけてしまいました。それにも関わらず、こうしてもう一度チャンスをいただいたことに感謝しています。今年は、そのチームの好意に応えるためにも、また自分のためにも、より一層成長していきたいと思います」

その後は来場したメディアからの質疑応答の時間となった。

【質疑応答】
(浦和レッズに加入する一番の決め手となった要因は?)
イリッチ
「私のキャリアの中で、レアル・ベティスなど、今までいろいろなクラブでプレーさせていただきました。浦和レッズは、自分の人生の中で2番目に大きなクラブだと思います。もちろん、このオファーがあってから迷いはなかったですし、その喜びを隠しきれませんでした。本当にこれからが楽しみです」

駒井
「日本代表選手も多く在籍していますし、選手一人一人のレベルも高いので、その中で自分がどれだけできるのか楽しみです。高いレベルでプレーして、自分のレベルアップにもつながると思いましたので、浦和レッズに加入させていただこうと決心しました」

福島
「加入を決めたのは、一昨年の大学3年生のときでした。一番初めにオファーをいただいたクラブですし、自分が必要とされていることを感じたことが大きな決め手になりました。そして、西川周作さんのプレーに憧れていたので、近くでそのプレーを見て勉強したいと思いました」

岩舘
「自身が成長するためにも、レベルの高い環境でプレーすることが一番だと感じたことが決め手になりました」

(今日いない選手も含めて6名が加入したが、その一方で7名の選手が期限付き移籍となったが、クラブの意図とは?)
山道強化本部長
「2つお答えする質問だと思っています。一つは、この新しいメンバーをどういう考え方で獲得したかということ。もう一つは、期限付き移籍選手が多くいるが、それはどういう考えなのかということだと思います。まず、我々が新しい選手を迎える中での一つのコンセプトは、我々の目指すサッカーに合うことと、素晴らしいキャラクターの持ち主であることです。

イリッチ選手は、ズラタンとチームメイトですし、ウクライナ戦のプレーオフや、チャンピオンズリーグの6試合を、我々はウォッチしていました。長身でボールを運べますし、大きく蹴れる選手です。代表選手のキャリアも持っている中で、当然ウォッチしていました。その中で、非常にいいタイミングと条件があったので獲得しました。我々のサッカーに間違いなくフィットするだろうと思っています。

駒井選手については、去年の武藤選手でないですが、早くから注目していました。左サイドのドリブルや、裏に出るパスなど、感性を持った選手だと思って見させてもらっていました。サイドアタッカーとして、左右両方できると評価して獲得いたしました。

(福島)春樹と(岩舘)直は、昨年もプレーしているので、十分力になってくれると思っています。

他の2名につきましては、(伊藤)涼太郎も才能のある選手ですし、(遠藤)航も皆さんご承知の通りです。この2年間で我々が足りないことを補完してくれる選手だと思っています。

そしてもう一つ、期限付き移籍選手が多くなったと言うことですが、浦和レッズはJ3リーグに参加しません。今年は27名で臨んでいく中で、U-23やU-22の選手は、関根、伊藤、遠藤になります。この3人を育てるために、J3にはなかなか参加しずらいですし、そういう体制に持って行くことは非常に難しいと感じました。そのために選手を取る意味があるのかということがありました。上を目指すレベルの中で試合をさせなければいけないときには、やはり期限付き移籍は積極的に使っていきたいと考えました。相手がいることなので難しい部分はありますが、環境を整えて、とにかく試合をやらせなければいけない。今のメンバーで試合に出させることは、なかなか容易なことではありません。そう考えたときに、期限付き移籍がベターだろうと考えました。

一方で、岡本のように1年半活躍して期限付き移籍から帰ってきてくれれば、ある程度はやれることは証明されています。山田直輝や、いまU-23に選ばれている矢島慎也などは、必ずレッズに戻ってきて、ピッチで活躍させたいと考えています。ただ、そこまでに行くためには、試合経験を積むことが大事になりますので、その環境が一番ベターだと考えました。1年間のプレーをしっかり見極めて、どのタイミングで我々のピッチで活躍させるかを判断して、レンタルバックについて考えていきたいと思っています」

(背番号10番が柏木に決まったことについては?)
山道強化本部長
「契約更新のときに柏木と話し合いました。チームの中心選手としてミシャとともに歩んだ4年の中で、成し得なかったものに対して、何かを変えていきたいというメッセージだと思いました。彼の活躍もあったので、一つの区切りとして何かを変えて、プラスワンでやっていこうとしました」

(福島選手に質問ですが、昨年に感じたことと、これからどんなプレーを表現したいか?)
福島
「昨年は1年間、浦和レッズの活動に参加して、あらためて感じたことはプレーの質の高さです。今まで経験してきた大学サッカーや高校サッカーとはプレーの質が違いました。満員の埼玉スタジアムでプレーすることを目標にしているので、そこでチームに貢献できるプレーをしていきたいです。GKとしてセーブするだけでなく、レッズに必要な、どのようにビルドアップして組み立てていくのかなど、そういった面でも貢献していきたいです」

(今シーズンのユニフォームの感想については?)
イリッチ
「昨シーズンがどのようなユニフォームだったか分かりませんが、とてもかっこいいです。これを着てファン・サポーターの前でいい試合をして、彼らと一緒に喜びを感じて、この新しいユニフォームとともに歴史を作っていきたいです」

駒井
「僕も京都のユニフォームしか着たことがなかったので、昨シーズンとの違いは分かりませんが、見た目もかっこいいです。早くこのユニフォームを着て埼玉スタジアムのピッチに立ってプレーしたいと思えるような、かっこいいユニフォームだと思います」

福島
「見た目もかっこいいですし、このユニフォームを着るために、もっと努力していきたいです」

岩舘
「去年、一昨年とユニフォームを着て試合に出る機会がなかったので、今年こそはという思いがあります。今日あらためてユニフォームを前にして思いました」

(ミシャ監督のサッカーの印象については? イリッチ選手は日本サッカーの印象も合わせてお願いします)
イリッチ
「ミハイロ ペトロヴィッチさんと再び仕事ができて光栄です。何故かというと、それは私がスロベニアのオリンピアのユースチームでプレーさせてもらったときのことです。そのときトップチームの監督をされていたペトロヴィッチさんに誘われて、私はトップチームと練習をさせてもらいました。そのきっかけを与えてくれたのがペトロヴィッチさんでした。

新しい環境での仕事になりますが、ペトロヴィッチさんの噂は常に聞いてきましたし、彼が常に新しいサッカーを要求していることも理解しています。要求されたことをしっかり理解して、チームが向く方向へ早く馴染むためにも、一生懸命にがんばっていきたいです。とても優れている監督ですし、グアルディオラのような監督だと思っています。その期待に応えられるよう戦っていきたいです。

Jリーグについては、日本でプレーしているズラタン選手などから聞いていました。ファン・サポーターの良さなど、常にいい話を聞いていたので多少理解しています」

駒井
「選手一人一人が生き生きと楽しそうにプレーしている印象を受けました。ミシャ監督のサッカーは、自分たちでアクションを起こしていきますし、自分のスタイルを持っていることにとても魅力を感じています。その中で、自分の得意とするプレーを出していきたいです」

(イリッチ選手の獲得のタイミングは?)
山道強化本部長
「年末です。レッズはACLのプレーオフの可能性がありましたので、登録期限が厳しい状況でした。テンポの早い仕事をしなければいけませんでした。ただ、一番大きいのは、イリッチ選手がレッズでプレーしたいという気持ちを強く持ってくれたことが大きな要因だと思います。あまり時間のない交渉だったことは事実です」

(レッズのファン・サポーターの印象と、アピールポイントについては?)
イリッチ
「ここ2、3チームでプレーしてきたクラブが、レッズのような攻撃的なサッカーをしていました。サッカーを見る人たちにとっても、それが魅力的なサッカーだと思います。監督の求めているものが攻撃的なサッカーであれば、ベストを尽くしてそのサッカーを目指していきたいです。それがファン・サポーターにとって、一番楽しめるサッカーではないでしょうか。浦和レッズは、常にトップを争うチームである以上、攻撃的なスタイルでやることが一番当てはまると思いますし、常に攻撃的なスタイルでプレーして、できるだけ早い時間で点を取って試合を決めることができれば、選手も楽になると思います」

駒井
「サッカーに対して情熱を持っていると思いました。さいたまはサッカーが根付いていて、一体となっている印象を受けました。そういう皆さんの前でプレーする以上は、責任感のあるプレーと、戦う姿勢を見ていただき、そこから得意とするドリブルを見て楽しんでもらいたいです」

福島
「一言で言うと『熱い』印象を持っています。スタジアムの応援など、クラブ全体の雰囲気から熱気を感じます。ファン・サポーターの皆さんの胸を打つプレーを最後尾から出していきたいです」

岩舘
「日本で一番ファン・サポーターの多いクラブですし、とにかく『熱い』です。温かい言葉を掛けていただくことはもちろん、時には厳しいことを言ってくれる方もいます。その方たちに見られても恥ずかしくないような、情けないプレーだけはしたくないですし、気持ちのこもっていないようなプレーはしたくないです」

(イリッチ選手の日本文化の印象は? また、駒井選手のポジション争いについての意識については?)
イリッチ
「来日してまだ4、5日なので多くは語れないですが、どこを見てもゴミが落ちていないくらい街が清潔ですし、行くところすべて整っていて素晴らしいと感じました。また、どこに行ってもこちらが何を求めているのかを聞いてくれますし、そういった人々の優しさに驚きました。日本を代表する寿司を食べる機会はありませんでしたが、これからまだまだ時間はあると思いますので、日本の美味しい料理をたくさん食べていきたいです」

駒井
「レッズのサイド攻撃が重要なことは分かっていますし、ポジション争いが激戦になることも承知しています。レッズの試合を見ていても、サイドで1対1になる場面が多いので、そこで自分のストロングポイントを出していきたいです。レッズに来たからには覚悟を持ってプレーしたいですし、偉大な先輩に負けないように、しっかり付いていって、追い越せるようにがんばりたいです」



以上で会見を終えると、選手たちはフォトセッションのためにピッチへ移動。緑の芝生にユニフォーム姿で立ち、撮影を行ったほか、スタジアムに訪れたファン・サポーターのみなさんへ意気込みを語り、最後には集合写真を撮影して、会見とユニフォーム発表を終えた。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • トーシンパートナーズ
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • スカパー!
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!