ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.03.09


第3節 vs松本「興梠がPKを決めて1-0で勝利」

  •  

9日、浦和レッズはサンプロ アルウィンで、明治安田生命J1リーグ第3節、松本山雅FC戦に臨んだ。

強風の中、激しいデュエルが繰り返されたこの試合、レッズは興梠がPKを落ち着いてゴール右に蹴り込み、1-0で今季リーグ初勝利を飾った。

今シーズン公式戦初勝利を飾ったAFCチャンピオンズリーグ2019グループステージ MD1 ブリーラム・ユナイテッド戦から中2日。スターティングメンバーには、DFラインの右から森脇、岩波、槙野、右のワイドに橋岡、左のワイドに宇賀神、中盤には中央に柴戸、インサイドハーフに柏木、長澤が並び、2トップには興梠とアンドリューが名を連ねた。

前半9分、レッズはこの試合最初のチャンスを迎える。松本のGKが前線にフィードしようとしたボールを興梠が引っ掛け、こぼれたボールをアンドリューがドリブルで持ち込みシュートを放った。惜しくもゴールは奪えなかったが、レッズは前線からの守備で相手を押し込んでいく。

しかし、全体をコンパクトに保ち、中盤で出足の鋭いプレスを仕掛けていくる松本にボールを自由に持たせてもらえない。局面ではタフなデュエルが繰り返され、相手にボールを奪われると、スピードのある前田や永井らに決定機を作られてしまう。

攻撃の糸口を模索するレッズだったが、相手に押し込まれる時間が徐々に増え、シュートまで持ち込めない展開が続いた。CKを奪い、武器とするセットプレーから打開を試みるも、松本の身体を張った守備をこじ開けるには至らなかった。

0-0で迎えた後半、レッズは前半同様に前線から積極的にプレッシングを行い、セカンドボールを奪って攻撃につなげていく。DFラインも高い集中力を維持し、松本の鋭いカウンターやセットプレー攻撃を、身を挺してはじき返していった。

72分、興梠が中盤でボールを奪うと、抜け出した長澤がペナルティーエリア前までボールを運ぶ。後方から駆け上がったアンドリューとパス交換を行いながら長澤がクロスを上げると、相手DFの手に当たりPK獲得。これを興梠が落ち着いてゴール右に蹴り込み先制に成功した。

オズワルド オリヴェイラ監督は、82分に長澤に代えて阿部を投入すると、85分には森脇に代えて鈴木がピッチに送り出された。阿部は中盤の底で守備的にポジションを取り、全体の安定を図った。

試合終了までお互いにコンパクトな陣形は保たれ、局面での激しいバトルは繰り返された。レッズの選手たちは足を止めることなく最後までボールに食らいつき、アウェイで今季リーグ初勝利をつかみ取った。

次戦は3月13日(水)20時(日本時間21時)から北京工人体育場で行われる、AFCチャンピオンズリーグ2019グループステージ MD2 北京国安戦となる。

【興梠慎三】
(興梠選手が相手からボールを奪ったところから始まったが、そこは狙っていたのか?)
「高い位置で取ることが理想なので、そこで奪って、(長澤)和輝がいい位置で受けて、クロスのボールが手に当たってPKという形でした。非常に良かったシーンだったと思います。全員が『慎三、蹴ろよ』と言ってくれたので、チームに感謝したいです」

(今シーズン、リーグでは252分経ってからのゴールとなり、ゴールを決めるまでに時間がかかってしまったが?)
「PKなのでラッキーな部分もありますけど、この1点は自分にとって非常に大きな1点なので、次節から自分自身、自分のプレーが楽しみです」

(後ろの選手や柏木選手が、前半の途中から風とピッチ状況からつなぐのは少し厳しいと言っていて、前線で戦わなければいけない試合になったのでは?)
「本当に前半はうまくコートチェンジできて、とりあえず後ろからつないでいこう、と言っていましたが、向こうもハードワークしてきて前から来ていたこともありますけど、それでも簡単なミスをたくさんしていたので、そこで失うのなら、ロングボールを蹴ってセカンドを拾う形の方がいいんじゃないか、とチーム内で話し合いました。ほとんど後半は裏に蹴っていたと思います。見ている人たちは面白くないサッカーだったかもしれませんが、自分たちも本当ならつないでいきたい試合でしたけど、それで負けるより、勝ち点3を取るために割り切ることも大切だったと思います」

(セットプレーの守備も非常に貢献していたと思うが?)
「たまたま僕のところに来ていました。前半に関しては、折り返しのところギリギリで僕が触りましたが、そういうプレーでチームを勇気づけられるなら、あのプレーは良かったと思います。でも、後ろがとてもがんばってくれているので、前の人たちは、どうにかして点を取らないといけないと思います」

(出場が続いている中で、アウェイのゲームが続くが?)
「身体は僕だけじゃなくて、出ている人全員がキツいと思います。でも、全部出る気持ちでやっています。自分自身も全試合出たいですし、出るからには、しっかりいいプレーをしないといけないと思います。そこはしっかりやって、あとは監督が決めることですので、それに従うだけです。いい選手はたくさんいますので、いい準備をしたいと思います」

(PKのキッカーは決まっていないのか?)
「決まっていないです。雰囲気的に『慎三、蹴ろよ』という感じを出していました。アンドリューも『僕が蹴る』と言っていましたが、ここは蹴らせてもらいました。普通なら、僕かアンドリューが蹴って、FWが勢いづいたらチームにとって非常にいいことだと思います。でも、蹴ったからにはきちんと決めなければいけないというプレッシャーもありますけど、きっちり決められて良かったです」

(あのPKも綺麗にタイミングを外したキックだったが、狙い通りなのか?)
「そうですね。蹴る前にGKが近寄ってきて、いろいろ話しましたが、アイツ(守田達弥選手)にPKを蹴るのが4回目くらいで、外しているイメージが自分にありました。『結構やっているね』という会話をして、絶対に決めてやろうと思いました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第3節 vs松本「興梠がPKを決めて1-0で勝利」 第3節 vs松本「興梠がPKを決めて1-0で勝利」 第3節 vs松本「興梠がPKを決めて1-0で勝利」 第3節 vs松本「興梠がPKを決めて1-0で勝利」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!