ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

17.07.22


第22節 vsC大阪「前半のビハインドを返せず、首位を相手に痛い敗戦」

  •  

明治安田生命J1リーグ第22節 セレッソ大阪戦は7月22日(土)19時4分より、ヤンマースタジアム長居で行われた。

8月15日にスルガ銀行チャンピオンシップ2017 シャペコエンセ(ブラジル)戦があるため、他チームが8月13日に行う第22節を前倒しての変則開催。浦和レッズは出場停止明けの遠藤が2試合ぶりに先発に復帰し、ズラタンがリーグ戦今季初の先発出場となった。

試合はレッズボールでキックオフ。フィールドプレーヤーに身長185㎝以上が3人いるセレッソに対して、相手のセットプレー時にはズラタンが187㎝のマテイ ヨニッチをマークするなど、相手の特徴に応じた戦い方をしていく。

しかし、6分だった。セットプレーの流れから、水沼のクロスを杉本に決められ、先制点を奪われてしまう。水沼のクロスの前の段階で相手のキックがレッズの選手に当たってコースが変わるというアンラッキーもあっての失点。そして、その2分後にも、中盤でパスミスをおかし、奪われてから再び杉本のゴールを許して、0-2とされた。

反撃に出たいレッズは、18分に森脇のクロスをラファエル シルバが頭で落として、興梠がシュート。相手GKが弾いたところをズラタンが決めて1点を返す。しかし、落ち着かない流れはその後も続く。

27分には中盤で山口にボールを奪われたところからミドルシュートを打たれ、1-3。そして35分にはゴール前での複数の対応ミスがあり、非常に苦しくなる4失点目を食らった。

それでも前半アディショナルタイムの45+1分にラファエル シルバが素晴らしいミドルシュートで2点差とし、後半に希望を残してハーフタイムを迎えた。

ハーフタイム、ミシャ監督は「浦和の名を背負って戦っている。2点差を絶対にひっくり返そう」と鼓舞して選手を送り出した。後半は宇賀神と森脇を下げて駒井と那須を投入。駒井が右ワイド、那須は3バックの中央に入った。

すると、駒井や関根の仕掛けなどから57分、60分、61分、67分と立て続けにCKのチャンスをつくるが、もう少しのところでゴールには至らない。

70分過ぎ、リードするC大阪がFW山村を最終ラインに下げて5-4-1へのシステム変更で守備固めに入る。さらに崩すのが容易ではなくなる中、どうにかゴールを奪おうと分厚い攻撃を挑んでいく。

ベンチは83分、関根に代えて梅崎を投入。梅崎は昨年8月13日の名古屋戦以来11カ月ぶりのリーグ戦出場となった。しかし、もう1点が遠かった。

試合開始時の気温が30度近い厳しい気象条件での一戦は、終盤になるにつれて両チームとも互いに運動量が落ちていき、後半は互いに無得点。2-4で終了した。

レッズの次戦は7月29日(土)14時より札幌ドームで行われる明治安田生命J1リーグ第19節 北海道コンサドーレ札幌戦となっている。

【那須大亮】
(自身がピッチに立っていた後半は無失点だったが?)
「今、いかに我慢できるかというところだと思います。うちは個の能力は高いと思うのですが、チームとしての戦いの中でなかなかかみ合っていない部分もあります。今はチームとして、攻守において、我慢しなければいけないと思います。そういう中で自分が後半ピッチに立って、声を掛けたり助けてもらったりしながら、できればいいと思っていました。最低限、失点してはいけないと思っていました」

(スコア2-4で入ったが?)
「0-2というスコアと考えれば、大いに逆転のチャンスもありましたから、セットプレーでなんとか得点したかったのですが、チャンスがあったのにできなかったです。それは次にお預けということです」

(監督からの後半の指示は?)
「自分に対しては特になかったですが、チームをコンパクトに、前から行くところは行くという指示でした。やはり、2点ビハインドだったので、前から行くと同時に後ろも行かなければなりません。そこのライン調整をすることで、コンパクトに戦うということを言われていました」

(前半は相手の前線へのゴールキックでほとんど競り負けていたが、後半は自身がいくことによって、うまく守れていた。選手同士で話し合ったのか?)
「そうですね。前半はあそこに山村選手がいましたが、後半は逆に競らない方がマイボールにできていました。軽く寄せて、反らせるようにしたらマイボールになるチャンスが多くなりました。逆に僕が競り勝ったときは相手ボールになってしまったので、そこはさじ加減で、わざと身体を預けてやらせてやった方がいいということで、そうしたら、相手が誰も走ってこなくなりました」

(現在のチーム状況をどう感じているか?)
「今はチームとして苦しい時期だと思います。でもこういうときこそ、人生でもチームでも絶対に成長できると思っています。何かに気付きなさいということだと思います。こんなところで挫けていては何もなしえません。必ず何か、うまくいかない理由があるわけで、それを成長の糧にしなければならないと思います。ここ何年かリーグタイトルを取ることができていないので、取るためにもここで気付きをチームとして得て、力にして前に進まないといけません。今は我慢のときです」

(今日の負けは非常に厳しいが、でもまだチャンスはあると?)
「まだまだチャンスはあります。前に歩みを止めない限り、チャンスはあります。それを掴むか掴まないかです。歩みを止めるか止めないか、挫けるか挫けないかです。こういうときだから得るものがたくさんあります。それを成長の糧にしていきたいです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第22節 vsC大阪「前半のビハインドを返せず、首位を相手に痛い敗戦」 第22節 vsC大阪「前半のビハインドを返せず、首位を相手に痛い敗戦」 第22節 vsC大阪「前半のビハインドを返せず、首位を相手に痛い敗戦」 第22節 vsC大阪「前半のビハインドを返せず、首位を相手に痛い敗戦」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!