ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.05.19


第15節 vsG大阪「リーグ中断前の最終戦はスコアレスドローに終わる」

  •  

19日、浦和レッズはパナソニックスタジアム吹田で、明治安田生命J1リーグ 第15節、ガンバ大阪戦に臨んだ。

レッズは幾度かの決定機を決め切れずにスコアレスドローで試合を終えた。

中断期間前のラストゲーム。いい形で節目を迎えたいレッズは、リーグ前節のサガン鳥栖戦と同じ面々がスターティングメンバーに名を連ねた。

試合は序盤、攻撃に枚数を掛けるG大阪に攻め込まれる時間帯が続いたが、中盤の激しいプレスバックとDFラインの統率されたブロックで決定機を作らせない。

攻撃では、相手との駆け引きで勝る宇賀神が左サイドで起点を作り、アタッキングサードへ侵入していくと、時間の経過に伴い中盤でのポゼッションを高め、少しずつ主導権を手繰り寄せていった。

36分には左サイドのスローインから宇賀神が縦に突破してクロスを供給。それを興梠が胸で抑えてGKと1対1を迎えるも、この決定機は東口の好セーブに阻止される。

その後もレッズは両サイドを起点に攻撃を組み立て、ゴールを予感させる崩しを仕掛けていく。長沢をターゲットにボールを集めてくるG大阪の攻撃に対しては、マウリシオを中心に身体を張った守備ではじき返していった。

0-0で迎えた後半、レッズは序盤から主導権を握り、相手陣内で試合を優位に進めていくがフィニッシュが決まらない。倉田や藤本など、攻撃にタレントを擁するG大阪に鋭いカウンターを食らうシーンもあったが、互いに決定機を決め切れず時間が経過していった。

71分、オズワルド オリヴェイラ監督は宇賀神に代えてマルティノスを投入。左のワイドに武藤を移動させて、マルティノスと興梠の2トップを形成させると、76分には柏木に代えて阿部をピッチに送り出した。

終盤、互いにビッグチャンスが交互に訪れる中、87分、オリヴェイラ監督は最後の交代カードを使い、YBCルヴァンカップの広島戦でゴールを挙げた李を興梠に代えて投入する。

しかし、お互いに気迫のこもった守りでゴールを許さず、リーグ中断前の意地と意地がぶつかり合った一戦は、0-0のまま試合終了となった。

次戦は6月2日(土)15時から山梨中銀スタジアムで行われる、JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ 第1戦 ヴァンフォーレ甲府戦となる。

【西川周作】
「点は入らなかったですけど、後ろはしっかりとゼロに抑えることをひとつの目標としてやっていたので、ピンチもある中で、僕自身も落ち着いて対応できました。勝てないときにはやっぱり、後ろがしっかりと守るということが大事だと思っています。中断期間を経て後半戦に入っていくときには、また違った姿をみんなで見せることができたらいいと思います」

(オリヴェイラ監督になって5試合無失点に抑えているが、監督が変わって、守備の何が良くなったのか?)
「相手陣内でしっかりと押し込むという、自分たちがやってきたことをまたオリヴェイラ監督になって意識をさせてくれるようになっています。そうすることで、人に対して行くということがはっきりできていますし、守備としては整理して守れていると感じています」

(ミシャ元監督時代はカウンターで失点することもあったが、それとは違う?)
「ゴール前での寄せというところで、良くなってきていると思います。シュートを打つ選手に対して寄せてくれているというのは、GKとして非常に助かっています。コースをうまく限定しながら守れてきていると思います」

(スーパーセーブを見せてガッツポーズをしていたが、そういう気持ちがこもっていた?)
「結果で示していく、というところでは、今日は何としてもゼロに抑えるというのが、自分の中で強くありました。勝てはしなかったですけど、勝ち点1を持って帰れたというところは、非常にポジティブには捉えています」

(この試合が注目されている、という点も大きかった?)
「そうですね。そこは自分の運命だと思っていますし、サッカー人生はまだまだ続きます。今回、代表の発表があっての次の試合ということで、非常に特別な思いがありましたし、プレーで周りの応援してくださっている方に『西川は大丈夫だな』というところを示したかったというのがあります。僕自身は大丈夫ですけど、プレー、結果で示せたということが大事だと思うので、これを続けながら、レッズのゴールをしっかり守り続けていきたいです。また新しい目標も自分自身にできたので、しっかりとがんばっていきたいです。

僕自身、昨年の経験が今に生きていると思いますし、メンタル的にも非常に落ち着いてプレーもできています。決して、昨年は無駄ではなかったと思います」

(失点数を見る限り、勝ち点をあと6くらい取っていてもおかしくないと思うが、後ろから見ていて、攻撃で『こうする余地があるのに』と思うところはあるか?)
「シュートを打つ姿勢、でしょうか。崩す前の段階のところで、前に前には行けていると思います。あとは最後のクオリティーの部分と、まずはロングシュートを打つ姿勢、外れてもいいから打って、そこから相手が出てくることがあればまた背後も空いてくると思います。まずはゴールに対しての貪欲さというのをこの夏に、またキャンプなどもあってオリヴェイラ監督からの指導があると思いますけど、そこをみんなで受け入れながら準備していきたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

第15節 vsG大阪「リーグ中断前の最終戦はスコアレスドローに終わる」 第15節 vsG大阪「リーグ中断前の最終戦はスコアレスドローに終わる」 第15節 vsG大阪「リーグ中断前の最終戦はスコアレスドローに終わる」 第15節 vsG大阪「リーグ中断前の最終戦はスコアレスドローに終わる」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!