ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.02.24


第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」

  •  

2月24日、浦和レッズは味の素スタジアムで14時3分から、2018シーズン最初の公式戦となった明治安田生命J1リーグ 第1節、FC東京戦を戦った。

新シーズンの始まりを待ちわびた35,951人の観衆が見守る中で行われた開幕戦、レッズは多くの時間帯で主導権を握って試合を進めたものの、1-1の引き分けに終わった。

開幕戦の布陣は4-1-2-3で、GKに西川、DFは右から遠藤、マウリシオ、槙野、宇賀神が並び、アンカーに青木、インサイドハーフに柏木と長澤が入り、FWはマルティノス、興梠、武藤というメンバーで臨んだ。

立ち上がりはやや膠着した展開となった。ファーストシュートは10分、中央での崩しから柏木が左足アウトサイドでゴールを狙ったが、これは相手GKにキャッチされた。

その後はレッズが主導権を握って試合を進め、サイドチェンジを交えながら両サイドから攻撃を組み立てていくものの、FC東京の堅い守備に阻まれてシュートにはなかなかつなげられない。

43分には、柏木の意表を突いた縦パスから興梠が右足でボレーシュートを放つもののサイドネットへ外れ、前半は互いにスコアレスで終えた。

後半は武藤とマルティノスのポジションを入れ替えてスタート。立ち上がりの48分、東に抜け出されてFC東京に先制点を許したものの、直後の50分に左CKからファーサイドで槙野が合わせてゴールを決め、すぐに試合を振り出しに戻した。

その後も相手を立て続けに押し込み、セットプレーのチャンスをつくっていった。

61分に興梠の右足ボレーシュート、62分に右CKから槙野のヘディングシュートと惜しい場面が続くが、得点には至らない。

64分に長澤と武富、83分には武藤とズラタンを交代して勝利を目指して戦ったが、最後まで勝ち越しのゴールを挙げるには至らず、1-1で勝ち点1を手にするにとどまった。

次戦は3月4日(日)16時から行われるホーム・埼玉スタジアムでの開幕戦、明治安田生命J1リーグ 第2節 サンフレッチェ広島戦となる。

【柏木陽介】
(どういうプランで試合に入ったのか?)
「最初は引いてくるかなと思ったけど、ずっとプレスを掛けてきたというのは、多分、このピッチコンディションを考えてだと思います。その中で、しっかりつなぎながらできましたが、結局、フィニッシュのところまではつなげているけど、押し込んだときは、相手がペナルティーエリアの中に8人くらいいる状況でした。なかなかそこで崩しきれなかったです。そこでもっとシュートを打ってもよかったと思いますし、サイドからのクロスの質が高まっていけば、もう少しチャンスは増えたと思います」

(後ろからうまく作っていくプレーについては?)
「割とできたと思いますが、できれば、自分と(長澤)和輝ができるだけ下がらない状況を作りたいです。やっぱり(興梠)慎三の近くにいることによって、相手はすごく嫌だと思いますし、ボールが入ったときにもう少しコンビネーションが出ると思います。青木、マキ(槙野)、マウリ(マウリシオ)の3人で剥がしてくれると、より良さは出ると思います。もちろん、剥がせなくて下がるときもあります。サイドバックを含めた5人で回せて前に運べるときにチャレンジしていけたら、より前の厚みは増すと思います」

(武富選手が入ってから、引かずに前でプレーできていたが?)
「相手も間延びしてきたこともありますが、そこでボールを受けられるということがあったと思います。結局、間延びしてきても、最終的にはラインを下げて、中盤含めて8人くらいがペナルティーエリアに入ってきました。その中で崩しきれなかったというところと、本当にワンチャンスでやられてしまったところだと思います。そういうところが、これから勝負を分けてくると思っています。

失点は、みんなが戦ってボールが相手に転がってしまった状況だったけど、そういうときでも、リスクマネジメントのところで、しっかりカバーできている状況を作れればいいと思います。ただ、キャンプから昨年と違った堀監督のサッカーをやってきた中で、思った以上に表現はできたと思います。ただ、自分がキャプテンとして、それが結果につながらなかったということは、残念です。自分としてもう少しできることがあったのか、これから考えたいと思います。しっかり試合の映像を見て、堀監督や選手たちと話をして、次に向かっていい方向で進んでいけるようにしたいです。

今日も失点した後に、すぐに追いつけたことは、チームにとってとてもポジティブだったと思います。ネガティブにならず逆転するぞ、という意思が見えたことが、そのゴールにつながったと思います。できれば失点をしないで、得点を多くすることが理想なので、それを目指してこれから取り組んでいけたらと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】



※次戦のサンフレッチェ広島戦(16:00キックオフ・埼玉スタジアム)のチケットご購入はこちら→http://rex-ticket.jp

第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」 第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」 第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」 第1節 vsFC東京 「2018シーズンの初戦、主導権を握って戦うも引き分けに終わる」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!