ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

17.09.14


川崎フロンターレ戦 試合後公式会見

  •  

ACL 準々決勝第2戦 vs川崎フロンターレ 試合後のコメント

【堀 孝史監督】
「この試合に向けた準備段階から、試合が終わるまで、選手たちは非常に高いモチベーションを持って、集中した中で戦うことができたと思います。そして、結果として次のステージに進めたことに対して選手たちに感謝したいと思っています。試合が始まる前から、ファン・サポーターのみなさんを含め、今日勝ち上がるための雰囲気を作ってくれたことに対しても、感謝したいです。

前半の早い時間に失点してしまって、さらに難しい状況になりましたが、そこでもしっかり選手たちが、強いメンタルを持って、最後まで諦めず戦ってくれました。結果として、相手が10人になったことは非常に大きかったと思います。その中でも辛抱強く戦って点を奪っていけたということは、チームとして考えていたことが、完璧ではないですけど、しっかり進められたと思います。次に向けて、また少しチームの力がついた部分があるのかなと思っています」

【柏木陽介】
「1-3という厳しい状況の中でしたが、やれるという自信を持って、そして僕は今日の試合のために、堀監督を含めて話しながら、ここまで準備してきました。それがチームの結果につながって良かったと思いますし、個人的にも、なかなかいいプレーができたのではないかと思います。

相手が1人少ない状況になって、自分たちは攻める姿勢を止めず、リスクマネジメントをしながら戦えました。こういう戦いを続けていければ、いろいろなところで上に行けるチャンスが来るのではないかと思います。日々、みんながハードワークして、いいサッカーを心がけてやっていけたらいいと思います」

[質疑応答]
(後半の選手交代は非常に効果的だったと思うが、どのような意図だったか?)
堀 孝史監督
「マウリシオとズラタンの交代は、サイド攻撃から高さがほしい、というところで、ズラタンがトレーニングで非常に調子がよかったということもあるので、サイドからラファエル(シルバ)と高木のところをしっかり起点にしながら、外からの攻撃を目指した中で、ズラタンを入れました。

矢島の交代は、本人も少し足に来ているということがあって、その時点で相手が10人だということを踏まえ、サイドからの攻撃を強めるために駒井を入れて、中の人数を増やしながら攻めていきました。

最後、興梠も連戦の中で非常によく戦ってくれていて、今日は遠藤がリザーブだったので、しっかり最後、守備の部分を締めるという意図で、交代をしました」

(矢島は実戦で使い続けてよくなってきていると思う。それと、青木も本人の自覚が高まったような意識を感じるが、2人の評価については?)
堀 孝史監督
「矢島に関してですけど、今日の試合の前も続けて試合に出ていて、今日のゲームは非常にタフなゲームになる中で、力強さや仕事の量を増やすことを考えてプレーするように、ということを言いました。その中で、決定的な仕事もしてくれましたし、そこは彼の良さが出た部分だと思います。あとは、ハードな部分に対しても、少しずつですけど、自覚というか、やろうという姿勢が見えてきているのではないかと評価しています。

青木に関しても、もともと力のある選手だと思っていますし、試合に出て、自信をつけている部分もあると思います。今日に関しては、立ち上がりは少しふわっとしている感じがしたかなと思うので、ゲームの慣れ、というものかなと思います。しっかりチームの中心として戦っていけるように、さらにチームのリーダーにもなれるようになってくれたらと思います」

(川崎は非常にパス回しのうまいチームで、ポゼッションが長くなると思ったが、今日は点が入る前、退場者が出る前から、レッズの方がポゼッションも上回り、相手にあまりパス回しをさせていなかった。それはレッズのプレッシャーが効いたのか、どういう印象を持っているか?)
「川崎はしっかりボールを持つことに長けているチームだと思っていて、ただ、そのチームにそれを気持ち良くやらせてはいけないということで、自分たちもしっかりと自信を持っていこうと話しました。前回の対戦では少し、長いボールに頼ってしまった部分があったので、そうではなく、自分たちが意図的にボールを動かして攻撃し、相手の嫌がることをしていこうと話していました。選手たちはそこを、自信と勇気を持って取り組んでくれた、という部分があったと思います。

ただ、守備の部分では、相手のチームがしっかりボールを動かす中で、なかなかうまくボールを奪えない部分はありました。そういう中でも、しっかりと粘り強く守備をしてくれた部分と、さっき言ったように自信を持ってボールを動かし、自分たちで主導権を握るようなことを選手たちがトライしてくれて、ある程度、できた部分はあるのではないかと思っています」

(Jリーグでも好調だった川崎相手に、選手たちにはどんなゲームプランを伝えたのか? それと、日本のチームとして残り1チームとなり、今後のACLでは日本を背負って戦うことになるが、それについては?)
堀 孝史監督
「ゲームプランに関しては、しっかりと自分たちでボールを持っていくこと、そして、できる限り相手に守備をさせて、敵陣でゲームを進めていきたいと話しました。当然、自分たちでボールを持つということは、相手からボールを奪いに行かなければいけないので、それに対して積極的にハードワークしてボールを奪う姿勢を持っていこう、ということです。

このあとのACLは日本をしっかり代表して、戦っていかなければいけない責任もあると思いますし、それに向けての準備、昨日のゲームの結果を受けて、相手も決まっていますので、それに対してしっかり分析して、次の準備をしていきたいと思っています」

(今日の試合は中盤でもボールを奪う攻めの姿勢が大事だったと思うが、自分を含め、チームはどうだったか? それと、1失点して、3点を追わなければいけなくなった状況で、チームとして、どういうメンタリティで、どういうふうに4点目まで盛り返していったか?)
柏木陽介
「守備に関しては、柏戦を上から見ていて、堀監督がやりたい守備をみんなでやっていこうというところがはまっていた部分もありました。プレッシングをかけていっていいところでボールを奪い、高い位置から攻撃がまたできるというところが理想だと思ったので、そこは自分も意識してやりましたけど、川崎は少しうまいところがあったので、そこのプレッシャーをかわされたところで失点してしまいました。そういうところをファウルで切るのかの判断は、これからしていかないといけないと思います。

失点してからは、チームとして話したというのはなかったですけど、非常に士気が高く、みんながモチベーション高く臨めているのが分かったので、これはいけるな、というところで、11対11の状況で追いつけたのは非常に、チームとしていけるという感じを出してくれました。あそこを(興梠)慎三が決めてくれて、ああいうところは本当にストライカーだと思いますし、その1点がチームの勢い、そして大量点というところに、そして水曜日の平日の中でたくさんのファン・サポーターが応援に駆けつけてくれたことが、ああいう後押しになったのではないかと思います。自分たちだけでなく、いろいろな人に感謝して、またがんばりたいと思います」

(この試合のための準備とは、具体的にどういうことか?)
柏木陽介
「柏戦でできる状態まではきていた、というのはあったんですけど、今までだったらそこで無理してまた痛めてしまう、という状況があったので、堀監督を含めて、『今回はちょっと休んでACLで行こう』ということを言われたので、それに向けて、みんなが試合の日も、残っている組でハードな練習をして、自分のコンディションを上げるようなトレーニングをしてもらいました。それが今日、90分戦う上で必要なことになったのではないかと思います。それと、ケガをしていても我慢して、チームのために必要なときに戦えるようにと持っていってくれた、堀監督を含めチームのみんながいて、自分がまたひとつ大人になれた、というところが、今日の準備につながったと思います」

(相手が10人になると、引かれてやりにくくなることも多いし、実際、ズラタンが点を決めるまでは何回もチャンスがありながら決められない時間帯があった。その時間帯はどういうことを意識していたか?)
柏木陽介
「守りに入った相手に対し、いつもは中、中、という攻撃の仕方をしがちだったりして、相手が少ないけどカウンターを受けるシーンというのは、今までも多かったと思います。今日は声をかけつつ、ラファ(ラファエル シルバ)とかも、立ち上がりにドリブルで仕掛けて奪われてカウンター、というのもあったのですが、そういうところを落ち着いて、ずっと回していけば絶対に相手も疲れてきてチャンスができる、という声もかけていましたし、チームの中でも意識していました。ただもっと、トシ(高木)とかは切り込んでシュートとかもあるんですけど、そういうところももっと、サイドを使ってまた出ていくとか、そういう賢さを身につけたら、チームとしてより良い状況になっていくと思います。今日はその中でもできた方だと思いますけど、もっといい状況に持っていけるのではないかと思うので、そのあたりはまた話し合いながら、いい方向に進んでいけるようにやっていきたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

川崎フロンターレ戦 試合後公式会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!