MENU

トップチームトピックス

大槻 毅監督会見(12/6)

12月6日に大原サッカー場にて行われた会見でのコメント

[質疑応答]
(ホーム最終戦への意気込みは?)
「絶対勝ちたい。絶対勝ちたいです。本当に絶対に勝ちたい。いろんなものがあるけれども、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)が終わって2試合しか残っていないところで、アウェイでこのあいだ1つやって、ACLのアウェイへ出発する前にホームでやって、ああいう形で送り出されて、いろいろな意味で悔しい思いをしてあそこを出てきたと思っているので、久しぶりにホームに戻ってなんとか最後に、というところは強く思っています」

(ガンバ大阪はここ5試合でかなり得点を重ねていると思うが、大槻監督はどのような印象を持っているか?)
「夏に選手補強を大きくしましたけど、、システムを変えたりした中で今の形に落ち着いて、前のタレントとすごく合っている感じで、遠藤(保仁)選手もそうですし、そのプレーヤーのキャラクターがその中で合っているなと非常に思っています。特にここ何試合かに関してはすごく攻撃的ないい面が出ていると思いますし、すごくいいと思います」

(今シーズンは非常に苦しいシーズンだったと思うが、集大成として最終戦で見せたい部分は?)
「明日も天候が悪いみたいですけど、たくさんのファン・サポーターに来ていただけるようですし、選手自身がいろんなものを背負ってやっているつもりだけど、なかなか成果として数字の部分で現れなかったところは多くあると思うんです。ただ、チャレンジする姿勢だとかそういったものは絶対見せたいし、それが数字につながる部分で、勝ち点で言えば3のところにつながる部分にしたい、つなげるんだという意欲の部分。ただ意欲だけじゃなくて、マッチアップしている中で、しっかり立ち位置を取ってボールを動かしたりだとか、守備のところでしっかりと前から決めていけるようなところを表現できればいいかなと思っています」

(森脇選手の退団のリリースが出たが、一緒にやってきた中での大槻監督からの森脇選手の印象や評価は?)
「みなさんが見てのとおり彼が与える影響力というのは非常に大きいし、当然プレーのパフォーマンスだけじゃなくてあのキャラクターの部分でいい影響をたくさん与えて、まさに愛される存在というか、僕自身もそう捉えています。彼のそういったキャラクターの部分が出てくるかと思いますけど、当然サッカーの部分で止める、蹴るの技術を含め、ゲームの中でのいろんな判断を持つための選択肢の多さみたいなものも含めて、彼の本当にすばらしい部分、簡単に言うだけじゃなくて、プレーを見てもらえればわかるんじゃないかというところ、すごくたくさんのものをクラブに与えてくれたと思います。戦う上で戦いの中での選択肢として、いろんな選択肢になれるようなところは彼のすごく大きな武器だったと思います。すごく僕も好きなキャラクターですし、大好きです」

(大槻監督にとって正式にトップカテゴリーの監督として初めて指揮したシーズン、その中で苦しんだことも学んだこともたくさんあったと思うが、指導者の一人としてどういうものが得られた期間だったか?)
「今年、監督をやってからだけじゃなくて、シーズンが始まる前の去年の準備を始める段階からこのチームには関わっていましたから、そういった意味で言うとサッカーの指導者としては他の人が何年もかけて経験するようなことを本当に就任してからの間だけでも経験させてもらいました。アジアの頂点を目指す最後のところまで行けたのもそうですし、その裏でこういう苦しいJリーグのところを戦ってきたこともそうですし、バスも囲まれましたし、100万円も払いましたし、あれは僕が悪いんですけど(笑)。いろんなことは経験させていただいたと思っていますし、ただ、これが経験したからというだけじゃなくて、これを僕自身も次につなげていけるようなところに糧として持っていかなければいけないなと強く思っていますし、それと同時にそういったいろんなことを経験するあいだにともに戦ってくれているスタッフ、選手が本当に一緒に戦ってくれている、トレーニングも今日非常にいいトレーニングをしたと思います。最後に選手にも言いましたが、『今日いいトレーニングをして、じゃあこのいいトレーニングを明日につなげよう』ということで、そういったことを表現してくれる彼らに本当に感謝しています」

(監督の来シーズンの進退についてはどう考えているか?)
「今、話せることはありません」

「最後に、明日よろしくお願いします。本当に最後を勝てるように、一年間ありがとうございました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

大槻 毅監督会見(12/6)

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ