ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

17.09.03


堀監督 C大阪戦試合後会見

  •  

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝第2戦 vsセレッソ大阪 試合後のコメント

「前半、セットプレーから2失点してしまったことで、試合を難しくしてしまいました。ただ、ハーフタイムには選手たちに、『諦めたら終わってしまうので、しっかり奮起して、まず1点を取って、どうにかひっくり返そう』と言って、送り出しました。選手たちは後半、しっかりと気持ちを見せて戦ってくれて、追いつくところまでいったのですが、最後は届きませんでした。本当に、最後まで力を出して戦ってくれましたが、前半の2失点が痛かった、というのが率直なところです。

これでルヴァンカップでは次のステージに進めなくなってしまいましたが、まだ先は続いていくので、選手たちと一緒に、さらによくなるように日々を過ごして、チームをよくしていきたいと思っています」

[質疑応答]
(最近の試合ではサイドの突破の形がなかなか作れず、サイドが突破できそうな場面で戻すようなプレーが、今日は特に多かったように感じるが?)
「サイドに入ったときに積極性を出そう、ということは伝えてもいます。ただ、そこですべてが突破に行って、単発に終わるということではなく、自分たちで持っている時間、やり直していくこともやっていこう、と試みているところもあります。ただ、もう少しサイドのところで、行ける部分もあってもいいかなと思います。

前半に関して言えば、左の方から起点を作っていって、サイドを変えて右の方からクロスが入る、というシーンはできていたと思うので、すべてが悪い、というものではないと思います。突破していく、積極的に行く、というところと、しっかりやり直してまた中央で攻撃をしていく、サイドチェンジをしていく、ということも、今は試みている段階で、サイドから行く、という部分も、少し減っている部分はあるのかな、と思っています」

(長澤はケルン時代、ふっきれた勝負をしていた選手だったが、今日はものすごくボールを触ってうまく展開していたものの、リスクチャレンジの縦パスが少なかった。彼はそこができれば最高の選手になると思うのだが?)
「長澤の場所で前を向けたとき、選択肢として、中央から縦に入れていくボール、展開していくボールというのがあり、バランスよくやっていこうという話をしていて、その中で彼が今日のような選択をした部分があると思います。それは、自分の言い方も含めて、もう少しリスクを負った攻撃をしていこうという、声がけをする必要があると思っています」

(そこは、彼の性格的なものもあるのか?)
「そういうものではないと思います。そこで引っかかるところからのカウンターというのを警戒している、という部分もあって、そこをしっかり判断して、いろいろな選択肢を持ちながらやってくれ、ということは、もしかしたらリスクに関して、彼の、チャレンジしようという気持ちを奪ってしまっている部分があるのかもしれません」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

堀監督 C大阪戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!