ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

17.09.23


堀監督 鳥栖戦試合後会見

  •  

明治安田生命J1リーグ第27節 vsサガン鳥栖 試合後のコメント

「最終的に引き分けに持ち込んだということは評価できる部分だと思いますが、それ以外は、立ち上がりの失点、自分たちが追いついた直後の失点、そういう状況が続いているので、その部分に関してはまたしっかり見つめ直して、どうすればいいのかを対応していかなければいけないと思っています。

毎回、こういう展開が続いているので、もう一回しっかりと分析して、そうしたことがないように持っていかなければいけません」

[質疑応答]
(相手がかなりスペースを消してくる意識でサッカーをしていたが、ハーフタイムにはどのような変更でやっていこうと考えたか?)
「もう少しいいテンポで早くボールを動かして、フリーなところ、中央のライン間とか、サイドにうまくいれて、そこから攻めていこうという話をした中で、多少テンポが上がった部分はあるかもしれないですけど、もう少しいいテンポで動かしながらできればと感じています。あとは相手の隙というものをしっかり見ながら動かしていくという部分も言っていて、そこも多少上がった部分はあると思いますけど、もう少ししっかり見られるように、という部分が必要かなと思っています」

(後半は、テンポもそうだが、単純にレッズの圧力、アグレッシブさが出てきて、鳥栖の守備が少しずつほころびてきた印象があった。前半はきれいにやりすぎようとしていたようにも感じたが?)
「立ち上がり、自分たちが思っていたものとは違う入り方を鳥栖さんがされてきたので、その辺りで、最初の時間帯はどういうふうにしようかという部分がまとまらなかったところがあったかなと思っています。そのあとを見て、自分たちのやり方をこういうふうにしていこうとピッチ内に伝えた中で、あまりテンポが上がらなかった部分があったのかなと思います。あとはやっぱり、追いつかなければいけないということを考えた中で、積極性というのが、より出てきたのかな、と思います」

(相手の裏の決定的なスペースを突けていたシーンは、試合の中でも2点目のシーンを含めて2回くらいしかなかったが、仕掛けていくとか、早いタイミングでボールを入れていくとか、そういう形でやった方がよかったのではないかと思うが?)
「前半、後半もそうかもしれないですけど、相手が下がった中で、難しい部分がありました。前半などは、遠目から打つトライをしている選手がいるなど、考えながらやってくれた部分があったと思います。後半に関しては、そういうキャラクターを持っている選手を入れていくということと、あとはチームとして、外のところで仕掛けてクロスを入れていく、その中でズラタンを入れるとか、そういう試みをしました。それが正しかったかどうかは分からないですけど、選手に対して、サイドでもしっかり仕掛けていくようにということや、中のそういう特長を持っている選手、ライン間でゴールに向かっていけるような選手を投入して、打開しようという狙いがありました」

(高木と矢島には、アグレッシブにどんどん仕掛けていく、ということができないように感じるが?)
「矢島は、どんどん仕掛けていくというタイプではないかもしれないですけど、高木に関しては、僕の考えでは、積極的に仕掛けていけるキャラクターを持っているのではないかと思っています。

矢島に関しては、仕掛けていくというものではないかもしれないですけど、シュート力はあるのではないかと思っていますし、そういうトライも、彼自身でやっている部分もあると思います。あとはしっかり、味方とうまくスペースを使っていくようなものには長けていると思います。

全員が、そういう積極的な選手というわけにもいかないと思うので、ゲームを作っていく、リズムを出す、という意味でも、矢島は今日、必要だったのではないかと思います」

(ケガ人がたくさんいる中で試合が続き、大変だと思うが、次の水曜日のACLはどのような考えでチームを持っていくか?)
「今の時点では分からないですけど、今日のゲームや今やっているトレーニングの中で、調子のいい選手、コンディションのいい選手でベストのメンバーを選んで、やっていきたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

堀監督 鳥栖戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!