ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.11.05


上野優作ヘッドコーチ 川崎戦試合後会見

  •  

明治安田生命J1リーグ 第32節 川崎フロンターレ戦 試合後のコメント

「連戦の中で多くの選手を替えて、中2日の川崎(フロンターレ)さんに対して何とか勝ち点を持ってきたかったところですけど、結果が出ないことは非常に残念です。ただ、選手たちは本当によくがんばってくれましたし、がんばっているだけではいけないんですけど、本当によく戦って、走るところは今日は見せてくれたのではないかと思います。

また、ファン・サポーターのみなさんにも本当に支えられていますし、また次に向かってがんばっていきたいと思います」

[質疑応答]
(今日の先発で、前のほうの選手にストライカータイプの選手、興梠選手も杉本選手も起用しなかったが、それは川崎相手にどのような意図があっての選択だったのか?)
「ボールを持たれる時間が多くなることを予想していたので、相手が前に出てきたところをカウンターで、サイドバックの背後をついていきたいというところで、マルティノス選手を起用しました」

(AFCチャンピオンズリーグ決勝進出ということで、厳しい相手との3連戦となったが、もう少し勝ち点がほしかったと思うが、3試合で勝ち点が1だった。この3試合でポジティブなものはあったのか?)
「今日のゲームに関して言えば、攻撃のところで自陣からつないでいくところ、特に柴戸、青木が絡んでボールを前に運んでいくところのビルドアップなどは、非常にうまくいっていたなと感じます。戦術的なところです。それからワイド、鹿島(アントラーズ)戦もそうですけど、ワイドを取って、ワイドから攻撃を仕掛けるという、継続していた部分は出せたのかなと思います」

(前半は相手にボールを握られ、後半はずいぶんチャンスを作ったが、後半改善された点は何が一番大きかったのか?)
「後半は、選手たちが自信を持ちはじめたというか、ハーフタイムに選手たちが帰ってきて『このゲームはこのままじゃダメだろ』という声が各自上がっていて、『もっと自信を持ってボールを動かしていけるぞ』というふうに、選手たちが反応を示したところが一番のきっかけだと思います。そこで我々コーチングスタッフの方からも、中盤の柴戸を中心にボールを前に配球して、柏木からいいボールを配球できるというところを、選手に求めました」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

上野優作ヘッドコーチ 川崎戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!