ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.09.08


ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」

  •  

8日、浦和レッズは県立カシマサッカースタジアムで、JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第2戦 鹿島アントラーズ戦に臨んだ。

第1戦を2-3で敗れたレッズは、エヴェルトンのゴールで先制した後、追いつかれるも関根のゴールで2-1と勝ち越す。その後も攻撃の手を緩めずに攻め続けたが、ゴールは奪えず、逆にミスから失点し、第2戦を2-2の引き分けで準々決勝敗退が決まった。

第2戦、大槻 毅監督は、GKに西川周作、DFライン右から岩波拓也、マウリシオ、槙野智章、両ワイドに汰木康也(左)と関根貴大(右)、セントラルに青木拓矢とエヴェルトン、2シャドーに長澤和輝と武藤雄樹、ワントップに興梠慎三という布陣で試合をスタートさせた。

レッズは序盤からボールを保持して攻勢に出る。長澤と武藤は積極的にDFラインの背後でボールを引き出し、バイタルエリアに侵入していく。8分には、左サイドの汰木がカットインして楔のパスを供給し、狭いエリアをコンビネーションで打開。最後は興梠のクロスを武藤が頭で合わすも、これはGKに防がれてしまう。

岩波は効果的なサイドチェンジや縦パスで後方から攻撃のスイッチを入れていく。ブロックを形成して受けに回る鹿島に対し、汰木、関根、長澤らはクロスを何本もゴール前に供給していくが、僅かに合わない。

22分には武藤が左サイドに流れて汰木からボールを引き出すと、ドリブルで一枚剥がして角度のないところからシュート。ゴールにはならなかったものの、DFラインから手数をかけずにスピーディーにシュートまで持ち込む攻撃で、鹿島のDFラインを切り裂いていった。

28分、レッズに待望の先制点が訪れる。相手を敵陣ゴール前に押し込み、跳ね返されたボールを青木が中央で拾い、やや外に流れた興梠へ鋭いパスを供給。興梠は素早く反転してクロスを送り、エヴェルトンが中で合わせて先制ゴールを突き刺した。

その後もピッチを広く使い、長短のパスを使い分けながら攻撃の形を作り出していくレッズ。人とボールが動き、スペースで先手を取りながら、主体的にゲームを進めていった。

1-0で迎えた後半、大槻監督はメンバーを入れ替えずに試合を再開。

キックオフ直後、長澤のスルーパスに反応した興梠がシュートを放つも、相手DFに阻止されてゴールならず。さらに、そのプレーで得たCKをマウリシオが頭で合わせるが、ポストに嫌われてしまう。

50分、シュートの際に負傷した興梠に代えて、大槻監督はファブリシオをピッチに送り出す。

相手のカウンターを警戒しながらも、前に、前に出ていくレッズ。

62分、大槻監督は2枚目の交代カードを使い、汰木に代えて荻原拓也をピッチに送り出した。

第1戦の結果から、いまだ鹿島にリードを許す展開。時間が刻一刻と過ぎていく。鹿島がややギアを上げ、前への圧力を強めてくる中、レッズはマウリシオを中心に堅固な守備で苦しい時間を耐え抜いていった。

しかし、66分にはゴール前の混戦から犬飼智也にゴールを許してしまう。

73分、大槻監督はエヴェルトンに代えて杉本健勇を投入した。

77分、サイドに流れて槙野からのパスを引き出した杉本が溜めを作り、後方の荻原に落とす。荻原はワントラップして狙いすました鋭いクロスをゴール前に供給すると、走り込んだ関根が頭で合わせて追加点を奪った。

終盤、局面でのバトルは激しさを増していくが、懸命に前に出ていくものの、87分にはパスミスから一瞬の隙を突かれて伊藤 翔にゴールを許してしまう。

アディショナルタイムは6分。1点取れば延長戦にもつれ込む白熱した展開となるが、ゴールは奪えず2-2の同点で試合終了。2戦合計スコアは4-5となり、準々決勝敗退となった。

次戦は9月13日(金)19時33分から埼玉スタジアムで行われる、明治安田生命J1リーグ 第26節 セレッソ大阪戦となる。

【荻原拓也】
(試合をベンチからどのように見ていたか?)
「少なくとも2点を決めなくては勝てないという中で、前半の最初からチームは力を持って入れていたと思います」

(入るときに、監督から何と言われて送り出されたか?)
「とにかく縦にランニング、あとは縦に仕掛けろ、という指示で入りました」

(どんなことを心掛けていたか?)
「入って間もなく失点してしまったので、最低でも2点決めないと勝てない状態だったので、とにかく前に行こうという意識を持っていました」

(アシストシーンについては?)
「手前で相手に当たったと思うんですけど、あのくらい、相手にとって恐怖のあるボールを入れられたことは良かったと思います」

(気持ちの入ったプレーが見られたが、自身のプレーについては?)
「気持ちは入っていて当たり前ですし、とにかく途中から入って、チームに活力を与えなくてはいけないと思ってああいうプレーになったんですけど、もっとボールを多く触りたかったですし、決定的な場面を多く作れたらよかったと思います」

(今後の出場機会を得たときに、今日の試合をどのように糧にして、生かしていきたいか?)
「一歩ずつしか積みあげられないので、とにかく目先の試合に100パーセント準備して、毎日練習からやっていきたいと思います」

(第1戦では短い時間でもやるべきことができたということだったが、今日はずいぶん時間が長かったが?)
「時間はすごくたくさんもらったんですけど、とにかく勝ちたかったので、負けてしまったことに対しては、今回のルヴァンカップは終わったという現実を受け止めるしかないと思います」

(ルヴァンカップでは年齢制限があるが、それで入ったのではない、リーグでも使われるべき選手だということを見せられたのでは?)
「特に今回は、(橋岡)大樹がU-22日本代表に行っていて21歳以下の規定を受けなくて良いのですが、その中での起用だったので、Jリーグでもやれるんじゃないかなと思っています。別に自分自身、やれないと最初から思っているわけではないので、それを示した試合だったかなと思います」

(ピッチに入るときに、ファン・サポーターからかなり大きな拍手があったが、それは感じていた?)
「そうですね、『荻原!』っていう」

(アシストは、関根選手が来るとは思っていなかった?)
「そうですね、手前に味方がいたので、とにかく間ですね。あまりよく見えていなかったですけど、相手にとって恐怖を与えるようなボール、ゴールに向かうようなボール、触ったら入るようなボールを意識して蹴りました」

(汰木選手との交代ということだが、そこでの違いを出そうというのは?)
「プレーのインテンシティーから、前への推進力だったり、あとはチームに貢献する、いい影響力みたいな、そこは違いを出せたかなと思います」

(大槻監督が、サイドを活性化させる選手の競争が出てきのがこの2試合のポジティブな面だと言っていたが?)
「もっとやらないと、じゃないですけど、具体的に言ったら、出た試合を勝利に持ってこられないと評価されないと思います。あとはスタートから起用されなくてはいけないと思っているので、目指しているのがそこなので、そのためにも、信頼を勝ち取らないといけないと思います。今回はメンバーに入っていないですけど、ウガさん(宇賀神)だったりヤマさん(山中)だったり、すごい選手がいるので、そこに負けないようにまた練習からやっていきたいと思います」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」 ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 vs 鹿島「エヴェルトンと関根がゴールを奪うもドローで準々決勝敗退」

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • SPORTS FOR PEACE!
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!