ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

13.07.06


「プロフェッショナルな試合を見せられた」ミシャ監督

  •  

Jリーグ第14節 vsヴァンフォーレ甲府 試合後のコメント

「予想どおりの試合展開でした。我々はもしかしたらもう少し早い段階で得点できればというところでしたが、考えていたとおりの試合、そして展開だったと思います。
今日我々は、14節の間でもっともプロフェッショナルな試合を見せられたと考えています。今シーズン、大分戦、清水戦で今日のようなゲームを見せられていたらもう5ポイント積み上げられていたかもしれません。ただああいった敗戦や引き分けから学び、成長した姿が今日だったと思います。
まず、我々チームとして大切にしていたことは先に失点をしないということでした。遠くから相手が打ったシーンがありましたが、決定機は作らせなかったのではないかと思います。そうした慎重な戦いの中でどこかで我々が点を決めるという展開だったと思います。少し遅くなりましたが、得点してからもさらに点を取るチャンスがあったと思います。
得点が入らなかった展開の中で、陽介をボランチに下げてよりリスクを負った形でゲーム展開を進めました。狙いがうまくはまって、そこからボールが回り、こちらの攻撃が出せたと思います。ただしっかりとゲーム展開によって、これからもリスクを負うのか、そうではないのかを判断していきたいと考えています。
もちろん、もっと良い内容を見せることはできると思います。ただ今日は今季はじめてここまで暑い気温になりました。そういうことを考えれば、今日の出来は良いゲームができたと考えていいのではないかと思います。」

【質疑応答】
(那須選手に攻め上がるように指示をしていたのでしょうか、また那須選手がチームにもたらしているものは?)
もちろん、あの瞬間に私が指示を出したわけではありません。ただDFの選手が攻撃参加をするのを私は禁じていません。我々のサッカーではそれはよくあることです。
個人の選手へのコメントを私はあまり述べませんが、彼は今季チームに加入し、なじんで、よくやってくれていると思います。スタートで彼が出ているというのは、彼が役割をしっかりと果たしてくれているということです。

(プロフェッショナルな試合ということを述べていましたが、もう少し具体的に言うと、どういうことでしょうか?)
我々のサッカーは攻撃的なサッカーでリスクを負っています。そうした中で3ポイントを取ることを我々は目指しました。その結果を求めてしっかりその結果を出した、その意味でプロフェッショナルと述べました。やはりこういったゲームは非常に難しいものになります。甲府は我々と対戦するときに失うものがありませんから。そうした相手と対戦して結果を出すというのは非常に難しいものです。甲府は負けましたが、よくやったと評価される方もたくさんいるでしょう。
 我々は1年半前、降格をしかけたチームですが、そこから非常に成長しています。1-0で勝利したにもかかわらず、満足していない方もいらっしゃると思うのですが、それこそが我々が成長している証しだと考えています。それは大きな一歩だと思います。

(先に失点をしてはいけないということ、ゲームを慎重にという言葉がありましたが、この夏の暑さはやはり難しさがありますか?)
夏の暑さの中で戦うのは、難しさがあります。ただ、今季我々は何かを手にしたいという気持ちがあります。昨季、札幌にホームで負けましたが、そこで負けていなければタイトルを手に入れていたかもしれません。
今季も大分、清水と勝利が求められているゲームで勝利できませんでした。何かを手に入れるにはそうしたゲームで勝たなければならないのです。内容がいいゲームになるには、両チームがサッカーをしなければなりません。片方だけが内容のよいサッカーをしても難しいと思います。

(中断期間で準備したことがどのように出せたと思いますか?またどのように進歩できていますか?)
今日のゲームはそれほど中断期間にトレーニングしたものが出せてはいないと思います。それが出せたのは、ナビスコカップのセレッソとの第1戦だったと思います。より確実にボールを動かしていくこと、より相手にとって危険なスペースへ走って行くこと、そしてボールを奪ってからより早く縦にボールを進めていくこと、そうしたことをトレーニングで行ってきました。そうした攻撃の展開は特にアウェイのセレッソ戦で出せたと思います。
今後はより我々の攻撃を止めるという展開になっていくと思います。それは我々にとって難しさが増すことになりますが、私がよく思うのは、なぜ他チームは我々の守備を崩すことをやってこないのか、ということを思います。メディアの記事にも出ていますが、いかに浦和の攻撃を止めるかという予想になっています。それはなぜなのか、と考えてしまいます。
サッカーは守備の部分を作ることは比較的早くできます。ただ攻撃に関しては、長い時間がかかります。日本のサッカーに私が貢献していくことを考えたときに、攻撃面でもっと貢献したいと考えています。私は広島で広島のサッカーを変えた部分があったと思います。そして浦和で、今そうしたタスクに取り組んでいます。いかに日本サッカーに貢献できるか、私はそうしたことに取り組んでいきたいと思います。
那須は10年くらいJリーグで活躍していますが、今季ほど攻撃的なプレーをしている那須は見たことがないのではないですか。非常に得点に絡み、攻撃でも起点になっています。我々のサッカーはトータルなサッカーでDFでも攻撃が求められるというものです。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

「プロフェッショナルな試合を見せられた」ミシャ監督

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!