ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

19.04.20


オズワルド オリヴェイラ監督 神戸戦試合後会見

  •  

明治安田生命J1リーグ 第8節 ヴィッセル神戸戦 試合後のコメント

「本日、リカバリーを必要としている人がいるならば、それは私です(笑)。私たちにとって、非常に難しい試合でした。でも選手たちの勇敢さ、規律、そしてハードワークによって、結果を残すことができました。私たちが狙えると思っていた形から、いいタイミングで点を取ることができたと思います。その後は、非常に難しいタスクが残っていました。それは、質の高いチームがゴールを狙い続ける、それに対して守らないといけないというものでした。それができたことは、非常に価値のあることだったと思いますので、価値のある勝ち点3だったと思います」

[質疑応答]
(今日の守備では、プレスもかけられず、後ろのマークもしっかりしておらず、どんどん相手の圧に押される状況が試合終了まで続いた感じがあったが、どのように分析し、修正しようと考えているか?)
「その通りです。前でプレスをかけることができませんでした。でも、後ろでしっかりマークしていたと思います。1対1の球際のところも、ペナルティーエリアの中でしっかり勝っていたと思いますので、そこはディフェンスの選手たちをたたえたいと思います。

別の試合のときにも一度こういうコメントをしたことがありますけど、前線の選手がしっかりフィルターとなって相手の攻撃の回数を減らさないと、ディフェンスの選手にとって難しい流れになってしまいます。そして本日は、それにあてはまる試合でした。ですので、たくさんの相手の攻撃機会をしっかり阻止したディフェンスにとって、いい守備ができた試合だったのではないかと、私は思っています。ディフェンスの選手をたたえたいと思います」

(神戸の攻撃は全く怖さがなかったが、中盤で相手をルーズにしていたのは、最終勝負で絶対に勝てるという自信があったからなのか?)
「守備に関しては、いつも3つの覚悟を想定しています。私たちの練習場に来ている方々はよくご覧になっていると思いますが、ひとつは相手のゴールキックです。そこでタイトにマークして、つながせないようにし、ボールを蹴らせます。今日は試合を通して、それを行うことができませんでした。後半に入ってからは良くなったと思います。

もうひとつは、相手のビルドアップに対するプレスです。そこにプレスをかけることによって、我々の陣内に入らせないという守備です。本日は特に前半、その部分ができなかったと思います。試合によっては、それがしっかりできている試合もありました。後半に入ってからは少し良くなりましたけど、私が想定していなかった交代をせざるを得なかった後半でした。橋岡を変えるつもりは、ゲームプランにはありませんでした。ですので前からプレスに行くと想定した場合のゲームプランの交代は、彼らが外れることによってできませんでした。

そして三つ目の状況は、相手が我々の陣内に入ってきた後の、ブロックをつくった状態での守備です。そこで槙野、マウリシオ、森脇、そして青木がすばらしかったと思います。相手の攻撃が遅く見えたのも、守備が効果的だったからだと見ています。文句のつけようのない守備ができていたと思います。相手ができていなかったのではなく、私たちがさせなかったのだと、私は思っています」

(橋岡選手とエヴェルトン選手のケガの状況は?)
「不運なことにまだ情報はないんですけど、エヴェルトン本人と話したところ、前試合での打撲の部分が少し固くなっていたので動きが制限されていて、やりすぎるとケガにつながるかもしれないということで、予防の交代を彼の方から申し出てきました。休養を取って治療をすれば、回復するかなと思っています。

橋岡の場合はより強い痛みを訴えていて、プレーし続けることができないという状態でしたので、彼の場合は検査を待たないといけません」

(今日はイニエスタ選手が出てこなかったが、オリヴェイラ監督としては、イニエスタ選手が出場していた神戸に勝った方がよかったのか?)
「彼は浦和でプレーすることが嫌いみたいですね(笑)。昨年も出ていませんでした。ただ、私が選べるのでしたら、イニエスタのいないチームと対戦したいですね。彼はすばらしい選手です。そしてさらに言えば、敵としてではなく、味方としてほしい選手です。

彼が試合に出るという想定の下で準備を進めてきていましたので、彼が出ていたとしても、その対策はありました。ただ、イニエスタはいなかったんですけど、新たに加入したサンペールがすばらしい仕事をしていたと思います。ボールの扱いがうまく、非常に冷静にプレーしていたと思います。かなり日本のサッカーにもフィットしてきているのかなと感じました。彼が後ろからしっかりリンク役となって組み立てていましたので、マークすることが難しい選手だと思いました」

(ポジティブな面を言うと、森脇選手は、特に前半は非常に攻撃へ顔を出して、うまくボールをつないでいた。今シーズンの彼はそういう面で調子がよさそうだが? それから、森脇選手は出てくるが、逆サイドの槙野選手は本来攻撃的な選手だが、あまり出てこない。槙野選手はとどまらせて森脇選手を前に出そうというプランがあるのか?)
「とてもいい観察だと思います。いいポイントを見ていると思います。昨年私が日本に来たとき、森脇はケガをしていました。ただ、サンフレッチェ(広島)時代の彼を知っていましたので、よく覚えていました。守備もいい選手ですし、質の高い攻撃を仕掛けられる選手でもあります。昨年はケガが回復しきらないまま、また悪化してメディカルにかかるという繰り返しがありましたので、彼にとっても難しいシーズンだったと思います。

そして今季に入ってからは完全に回復し、沖縄キャンプから今まで、すべてのトレーニングセッションに参加しています。そういうふうにトレーニングできているからこそ、攻撃でも守備でも、いい仕事ができているのだと思います」

(シーズンで最大70試合戦えるチームをつくれるようにと話していたが、過密日程の中で、競争力、選手層というところでは、どのくらいの手応えを感じているのか?)
「その部分は、選手たちにも毎日話をしています。ベンチの選手、そしてメンバー外の選手たちのところは、しっかり私たちも見ていかないといけないところです。本日もメンバー外の選手のトレーニングがありましたし、明日もリザーブの選手、メンバー外の選手のトレーニングがあります。注意深く彼らのコンディションを上げて、ゲームで必要としたときに、しっかり戦ってもらえるようにしたいと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

オズワルド オリヴェイラ監督 神戸戦試合後会見

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!