MENU

トップチームトピックス

アルヒラル 試合前日公式会見

23日、埼玉スタジアムで、AFCチャンピオンズリーグ2019 ノックアウトステージ 決勝 第2戦の試合前日公式会見が行われ、アルヒラルからはラズヴァン ルチェスク監督とモハンメド アルシャルフーブ選手が出席して、明日の試合に向けて意気込みを語った。

【ラズヴァン ルチェスク監督】
「みなさん、こんばんは。いよいよ明日に決勝を控え、非常におもしろい試合になると思っています。第1戦で我々は1-0で勝ち、今回の第2戦を迎えますが、やはり第1戦でもう少し楽な展開にできたと思っています。少し運が足りなかったという面があった中でも、しっかり1-0で勝つことはできましたが、普通にプレーしていれば2-0、3-0にもなったと思っています。ただ、これもサッカーです。今回、日本に来たのは遊びではなく、勝ちに来ていますので、我々の選手がもっている力を存分に発揮すれば、しっかり勝つこともできると思いますし、選手も明日の試合に向けて意欲が高まっていますので、準備もしっかりできていると思います。ただ、明日は決勝戦ということで、簡単なゲームにはならないと思いますし、非常にタフなゲームになると思います。チームの目標としてACL(AFCチャンピオンズリーグ)の優勝というものをしっかりと掲げているので、その目標に向かって、チーム一丸となって戦っていければと思います」

【モハンメド アルシャルフーブ選手】
「こうして決勝に来られて、こうした会見に出られていることを、神に感謝していますし、本当に嬉しく、誇りに思います。ここに来るまでも大変な道のりでしたし、チームとして一丸となり、選手だけではなくスタッフもここに来るまでに大変な努力をしてきました。明日はここに来たことに満足するのではなく、しっかりとトロフィーを持ち帰りたいと思っています」

[質疑応答]
(この難しい気候にどのように対応するか?)
ラズヴァン ルチェスク監督
「雨というものは生活の一部であって、我々としてはどうすることもできませんが、しっかりこの部分に対処していきたいと思っていますし、選手はモチベーションが非常に高いと思っています。こういった難しい環境でも、どんなシチュエーションでも我々は乗り越えられる自信があるので、それを達成したいと思っています」

(サウジアラビアの英雄として、あとどれくらいキャリアを続けるのか?)
モハンメド アルシャルフーブ選手
「なるべく長く続けてやっていければいいなと思っていますし、みなさんには、いきなり心変わりしないでくれたらいいなと思っています。明日の試合では、個人的に活躍するといったことではなく、チームとしてスピリットを持って戦い、優勝したいと思います」

(過去の同大会を通じて、どのチームが最も強かったと感じているか?)
モハンメド アルシャルフーブ選手
「おそらく2000年だったと思いますが、ジュビロ磐田と対戦したときは、あのときのジュビロは外国籍選手がたくさんいて、個がとても優れている印象でした。今回の浦和は、個よりもチームとしてまとまった印象を持っているので、簡単にどっちが強いと比べることは難しいですし、もちろん当時の我々も違った特長を持っている選手も多く、タレントに溢れる選手がいました。ただ、時代の流れもあり、そのときは個人が優遇される時代でもありました。今回の我々のチームとしては、サウジアラビアを代表するトップレベルの選手がたくさんいる中でも、しっかりとチームとして戦術を持ってやっているので、当時は当時、今回は今回で違ったチームです。このような舞台にまた立てることを誇りに思うと同時に、うれしく思います」

(前日会見に出席する選手は、明日の試合に出場する理解でいるが、モハンメド アルシャルフーブ選手は明日、スターティングメンバーとして出場するということか?また、その場合、彼に期待することは?)
ラズヴァン ルチェスク監督
「彼がスタメンかどうかは、明日分かるでしょう。私は彼だけではなく、全ての選手に期待しています。明日の試合は全選手にとって人生が懸かった重要な試合になると思うので、そこでのパフォーマンスを期待しています」

(雨の中で試合をすることで想定されることは?また、モハメド・カノ選手について)
ラズヴァン ルチェスク監督
「先ほど既に話した通り、雨は生活の一部であり、我々にコントロールすることは難しいので、しっかりとそこは対処していければと思います。ユニフォームやスパイクも対策して準備ができています。ピッチもすごく良いコンディションなので、そこでもしっかりと良いパフォーマンスができると思いますし、もし我々に何かが起こり得るとしたら、それは我々だけではなく、浦和にも起こることなので、大きな心配はしていません。

モハメド カノ選手はすばらしい選手で、僕がここで指揮し始めて、一番良い選手だと思っています。残念ながら彼は今ケガをしていて、そこから復帰を目指しており、本調子ではないかもしれませんが、彼なりに全力を尽くしています。もし明日出ることがあれば、途中からになると思いますが、その中でも彼は全力を尽くしてくれると思います。大きな期待をしています」

(1点とればかなり有利になるが、攻撃的にいくのか、守備的にいくのか?)
ラズヴァン ルチェスク監督
「浦和に対してしっかりとしたリスペクトがありますし、簡単な試合になるとは思っていません。我々としても、ここまで難しい戦いをやってきた自信があるので、我々の持っているクオリティーをしっかり発揮できれば、十分に勝つチャンスがあると思っていますし、我々の目標であるACL制覇を果たすためにここに来たので、それを遂行するだけです」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

アルヒラル 試合前日公式会見 アルヒラル 試合前日公式会見 アルヒラル 試合前日公式会見

PARTNERパートナー

  • ポラスグループ
  • Nike
  • 三菱重工
  • 三菱自動車
  • エネクル
  • DHL
  • カブドットコム
  • 島忠
  • チケットぴあ