ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

トップチームトピックス

18.12.03


『一般社団法人浦和レッズ後援会 2018シーズン大納会』にトップチームとレッズレディースの選手が参加

  •  

12月2日、『一般社団法人浦和レッズ後援会 2018シーズン大納会』が埼玉スタジアムで開催され、トップチームからはアンドリュー ナバウト、柴戸 海、橋岡大樹、荻原拓也、さらにスペシャルゲストとして平川忠亮の5選手が参加、レッズレディースからも長嶋 洸、山守杏奈、乗松瑠華、清家貴子、塩越柚歩の5選手が参加した。

大納会は、毎年リーグ戦終了後、選手とファン・サポーターが、互いに1年間の戦いを振り返りながら、これまで以上に一つになって来シーズンに向かっていくことを目的に、後援会会員限定で開催されており、今回は660人が参加した。



開場時には、トップチーム、レッズレディースの選手たちが一列に並び、ご来場の後援会会員のみなさまをハイタッチで出迎え、リーグ最終戦の勝利の喜びを分かち合うなど、笑顔が溢れるほほえましい光景が目立っていた。







トークショーに先立って後援会の大貫 充理事長と浦和レッズ淵田敬三代表による挨拶が行われた。淵田代表からは日ごろの後援会の活動に対する感謝の言葉が述べられ、「ぜひ天皇杯で勝ち進んで決勝まで行ってタイトルを獲って、来年のACL出場権を獲得したいと思っています。みなさま方の絶大なるサポートをいただきながら、今シーズンも戦ってまいりましたし、来シーズン以降もしっかり戦ってまいりたいと考えておりますので、引き続きの応援をよろしくお願い申し上げます」と継続したサポートをお願いした。その後、天皇杯優勝を祈念して後援会の藤池誠治副理事長による乾杯が行われ、トークショーがスタートした。





まずはレッズレディースの5選手によるトークショーが行われた。オフの過ごし方や今気になっているものといったテーマで和やかに進行され、最後に行われた抽選会ではこの日が誕生日の長嶋 洸に花束が贈呈された。



レディースの選手が退場した後にアンドリュー、柴戸、橋岡、荻原の4選手が登場し、トップチームのトークショーがスタート。今シーズン加入の4選手は1年目の感想を問われ、アンドリューは「Jリーグにどんどん慣れてきましたし、来シーズンはより良いパフォーマンスを見せることができればと思っています」、橋岡は「こんなに試合に出られるとは正直思っていなかったです」、荻原は「もっと試合に絡みたかったですが、埼スタでプレーすることができましたし、ゴールも決められたので来シーズンにつながる結果を残せたと思います」と語った。



柴戸は結婚の報告を最初にしたチームメートが橋岡だったという話題になり、「橋岡の兄と明治大学で一緒にプレーしていたこともあって、橋岡家には縁があるなと思いました」と語った。





トークショーの途中で、スペシャルゲストとして平川が登場。平川に聞きたいことを問われた橋岡が「どうやったら攻撃ってうまくなりますか」と質問すると、平川は「橋岡はDFラインに戻った方がいいよ(笑)」と場内を笑わせた後、「橋岡はスピードがあるから、自分の能力の使い方が重要で、そういう下手な部分をうまくしなくてもいい」とアドバイスを送っていた。また、平川からはファン・サポーターへの感謝の言葉と引退セレモニーにまつわるエピソードなどが語られた。





トークショー終了後の抽選会ではサイン入りTシャツなどのグッズがプレゼントされたほか、平川選手への感謝を込めた花束と、天皇杯に向けた激励の花束が贈呈された。最後に、選手たちはそれぞれ天皇杯と来シーズンに向けた意気込みや感謝の言葉を述べ、大きな拍手に包まれながら『一般社団法人浦和レッズ後援会 2018シーズン大納会』は終了となった。

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

■浦和レッズ後援会のページはこちら
http://www.urawa-reds.co.jp/club/association.html

トップチームトピックス一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • KFC
    • MITSUBISHI MOTORS
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!