3月23日の無観客試合について

Jリーグ第2節サガン鳥栖戦での
差別的と考えられる横断幕を掲出した行為などにより、
3月23日(日)の清水エスパルス戦において
無観客試合を実施することとなりました。

このたびは、サッカーを愛し、Jリーグを愛する
すべての皆様に多大なるご迷惑とご心配を
おかけしてしまい、誠に申し訳ありません。

特に対戦相手である清水エスパルス様、
試合を楽しみになさっていた
清水エスパルスのファン・サポーターの皆様には、
Jリーグを楽しむ機会を失わせ、
多大なるご迷惑をおかけしたことを、深くお詫びいたします。

浦和レッズは今回の事案を機会に
生まれ変わることを宣言します。
スポーツはどうあるべきかを抜本的に見つめ直し、
本当の意味でのプロサッカークラブとなるための
取り組みを新たに展開します。
老若男女すべての人々が楽しむことが出来、
すべての人が差別なく公平に扱われるスタジアム、
スポーツがあることの幸せを感じられるホームタウンになることが
「安全で快適なスタジアム」であり
「Jリーグ百年構想」の具現化であります。
実現に向けて不退転の決意で全力で取り組みます。
困難で長い道のりであろうとスポーツクラブとしての
あるべき姿を純粋に徹底的に追求してまいります。

浦和レッドダイヤモンズ

 

シーズンチケットホルダーの皆様へ
「無観客試合におけるチケット払い戻しについて」
コチラ

一般チケットご購入の皆様へ
「無観客試合におけるチケット払い戻しについて」
コチラ

「無観客試合における宿泊費・交通費等の
キャンセル料 対応について」
コチラ