ナビスコカップ、準決勝進出!!

【本日の試合結果】
2013Jリーグヤマザキナビスコカップ準々決勝 第2戦
2013年6月30日(日) 18:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-1) セレッソ大阪
得点者:6分 南野 拓実(C大阪)、34分 梅崎 司
入場者数:22,743人
※2試合合計スコア3-1で浦和レッズが準決勝へ進出。対戦相手は、川崎フロンターレになりました。

 

 前半立ち上がりからセレッソの猛攻に押され、6分に先制を許し、苦しい展開となりますが、34分、左サイドでボールを受けた梅崎選手が、ドリブルで切れこんで、鮮やかなシュートを決め1-1に。その後リズムを取り戻したレッズでしたが、追加点を奪えず1-1で試合終了。2試合合計3-1で、準決勝進出を決めました。                     10年ぶりのカップウィナー目指して、このまま突き進みましょう!!

では、今回がラストのこのコーナー!

レッドボルテージスタッフに聞きました☆

あなたのベストゴールはどれですか??

ラストを飾るのは、レッズレディースのキャプテンで、3月からショップスタッフの仲間入りをした後藤三知のベストゴールです。
2009年、ホーム開幕戦。
今やイタリアの名門クラブで活躍する長友佑都選手も出場していたFC東京戦に、3-1で勝利した3ゴール目☆

822ゴール
2009.3.14 vs FC東京
ポンテ選手

「2009年…初めて埼玉スタジアム2002で浦和レッズの試合を観たときの感動は今でもよく憶えています。
それまでにも、日韓ワールドカップや、Jリーグの試合を観戦したことはありましたが、あれほど…スタジアムが一体となり、サッカーを観ることの面白さを感じたことはありませんでした。
2009年のゴールの中で、最も印象に残るゴールが、3月14日の埼玉スタジアムでのホーム初戦FC東京戦の3ゴール目。
陸上選手のような走りでオーバーラップした坪井選手から、中央の山田直輝選手にパスが出て、そこから右側にいたポンテ選手に繋ぎ、ポンテ選手が切り返しからシュートに繋げたゴールです。」

開幕戦は鹿島アントラーズに0-2で負けてしまいましたが、50,802人が応援に駆けつけたホームの開幕戦で阿部勇樹、エジミウソン、ポンテの3選手がゴールを決め、とても気持ちの良いスタートを切りました。

2009年はフォルカー・フィンケ監督のもと、原口元気、山田直輝、高橋峻希らのアカデミー出身の選手たちが加入し、レッズに新しい風を吹き込んだ年です。
フィンケ監督のコンビネーションサッカーを実践し、前半戦は好調で首位を争っていましたが、夏の連敗が大きく影響し、最終順位は6位となりました。

 

一方、2009年は後藤三知がレッズレディースに加入した年でもあります。
デビューは開幕戦の4月11日アルビレックス新潟レディース戦。スタメンで起用され、デビュー戦で初ゴールをあげました。
その年は15試合に出場し、レッズレディースになってから初のリーグ優勝を成し遂げています。

 

 

後藤三知お勧めの
ポンテ選手のゴールも記録されているDVDはコチラ
↓ ↓

◆浦和レッズオフィシャルDVD『URAWA REDS 1000 GOALS+』
定価 : 3,675円(税込)
収録時間:295分(Disc-1:142分、Disc-2:153分)

レッドボルテージにて好評販売中です☆

 

 

 

※休業のご案内
・7月1日(月)は定休日、7月2日(火)は臨時休業とさせていただきます。
ご理解とご協力、お願いします。