マッチトピックス


17.05.07 vsちふれASエルフェン埼玉「多くのチャンスを作って得点し、勝って波に乗っていく」(石原孝尚監督)


みなさん、こんにちは。本日も、浦和レッズレディースのホームゲームにお越しいただき、ありがとうございます。

前回のホームゲーム、マイナビベガルタ仙台レディース戦は、選手たちが流れの悪い中でもしっかりと耐え、PKストップなどもあり、今シーズンで初めて無失点で終えることができました。そうしたところは今後につなげていきたいですし、自分たちが積み上げてきているものでもあります。それらをしっかりと勝利に結びつけるために、これまでの試合で出た課題に関しては、選手たちと共有して取り組んでいるところです。

選手たちは、もちろん勝ちたいと思って戦っています。強豪との試合が続いた中で、手応えを感じながらも結果が出ていませんが、大事なのは、自分たちを信じて戦う、ということです。目指していることを継続しながら、自分たちの力を発揮するというところに対して、今後もチャレンジをしていきます。

ちふれASエルフェン埼玉とは、今シーズンはすでに一度、プレナスなでしこリーグカップ1部の試合で対戦し、浦和駒場スタジアムで2-1の勝利を収めることができました。ただ、相手は非常にハードワークしてくるチームですし、埼玉ダービーということもあり、レッズレディースに対してさらに警戒し、対策をして、チーム一丸となって立ち向かってくると思います。まずはそうした相手に対し受け身にならず、積極的に戦っていかなくてはいけません。

マイナビ戦では、ゴールに迫るようなチャンスをそれほど作ることができませんでした。チームとしてポゼッションを大事にしようとするあまり、サイドからのクロスや相手の背後を突く、というところが出せず、ゴールに迫ることができていない時間帯がありました。この試合ではゴール前でのチャンスを作る、というところを改めて意識していきたいです。

ホームのファン・サポーターのみなさんの声援は試合中も聞こえていますし、大きな期待を感じています。そうした思いに応えたいという気持ちは本当に強いですし、選手たちも毎試合、一生懸命プレーしています。この試合では、みなさんにも一緒に楽しんでいただける試合をすると共に、得点を重ねて埼玉ダービーに勝利し、波に乗っていけるようにがんばります。今日も最後まで、選手たちへの声援をよろしくお願いいたします。

マッチトピックス一覧に戻る

2018プレナスなでしこリーグ1部順位表
(第2節)
順位チーム名勝点試合得失
1I神戸622006
2浦和622005
3AC長野622002
4日テレ321011
5ノジマ32101-1
6ジェフL220200
7新潟L12011-1
8マイナビ12011-1
9F日体大02002-5
10C大阪堺02002-6
2018プレナスなでしこリーグカップ1部
Aグループ順位表

(第3節)
順位チーム名勝点試合得失
1日テレ933006
2浦和622004
3ジェフL12011-1
4新潟L13012-5
5F日体大02002-4
レディースチケット

レディース オフィシャルTV

ニュース マッチトピックス BLOG レディースTV オリジナルグッズ リンク 応援メッセージ 壁紙ダウンロード レッズレディース公式Twitter 浦和レッズレディース、レディースユース、レディースジュニアユースの選手のサインや写真等の撮影について sportsforpeace 浦和レッズオフィシャルサイト レッズランド なでしこリーグオフィシャルサイト PRIDREAMS SAITAMA