「聖地駒場オープン」

午前中は埼玉スタジアムで、ハートフルサッカー。午後は浦和駒場に移動。約1年半ぶりのレッズレディースの試合だ。新しい「浦和駒場スタジアム」の杮落とし。試合前は忙しい。11時からプロムナードのモニュメント横に「レッズローズの植樹祭」。レディースから安田有希と竹山裕子が参加し、きれいな花を咲かせてくれた。

続いて、12時から小学生の女子を対象に「レディースサッカー教室」を開催。永井良明コーチと内舘秀樹をメインにレディースの選手も多数参加して、子供たちとサッカーを楽しんだ。13:30キックオフでさいたま市原山中学校女子サッカー部vs浦和ラッキーズFCとの「ガールズマッチ」が行なわれ、白熱した試合が展開された。永井良明コーチと内舘秀樹をメインにレディースの選手も多数参加して、子供たちとサッカーを楽しんだ。

14:45からレッズレディースのOGである安藤梢がドイツでお世話になった人たちから贈られた浴衣姿で、そして熊谷紗希選手もドイツから駆けつけ「レディーストークショー」を行なった。レッズ時代の思い出やドイツでの生活について楽しく語った。

試合終了後は、オリンピック代表に選出された、矢野喬子選手に、さいたま市とさいたま市議会議員から激励の日の丸の国旗を手渡され、合わせてチームにはフルーツの盛り合わせが寄贈された。最後は、2番ゲート付近で、矢野喬子選手が直筆のサイン入りグッズを配布。試合は新潟相手に惨敗。悔しい気持ちを抑えて、健気に対応してくれた選手たちに感謝。

オリンピック、そしてU20W杯があり、しばらくなでしこは中断されるが、気持ちもコンディションもリセットして、9月16日再び浦和駒場スタジアムで、その勇姿をみせてほしい。

 

 

DSC_0458.JPGDSC_0483.JPG画像(HT3) 010.jpg画像(HT3) 011.jpg

 

 

【2012.07.09 HT:K】


「ハートフルサッカー」

昨日の鳥栖戦の余韻も冷めない、埼玉スタジアムに子供たちが続々集合。パートナー企業であるMeijiさんの「明治ザバス ハートフルサッカー」が開催された。朝方強く降った雨の影響もあり、若干出だしが悪かったが、約200名近くの小学生が集まった。第2グラウンドの緑の絨毯のような芝生の上で、思い切りボールを蹴る。

合わせて、ボールルームでは明治の栄養士の方から父兄向けに「ザバス栄養セミナー」も開かれ、多くの父兄の方が食事の正しい摂り方や水分補給の大切さなど、メモを取りながら真剣に聞いていた。

画像(HT3) 008.jpg  画像(HT3) 009.jpg   

【2012.07.08 HT:K】


「新しい駒場」

駒場スタジアムがリニューアルオープンした。そして浦和レッズがネーミングライツの権利を取得し、「浦和駒場スタジアム」と命名した。日本サッカー界どころか日本スポーツ界で1クラブが施設の命名権を取得したのも初めてだが、そこに社名や商品名を入れないのも前代未聞。浦和レッズにとって、「駒場」は大切なところ。それはファン・サポーター、そして市民にとっても。あえてチーム名を入れなかった。しかし、日本の行政が持つスタジアムに、史上初めて「クラブエンブレム」が付くことに。明日の1年半ぶりのレディースの試合に間に合わせるため、急ピッチで作業が進められた。そして今日完成。さいたま市に最後の確認をしてもらう。正面玄関。1番ゲートの最上階の壁面。そして屋根の下に「浦和駒場スタジアム」サブグラウンド入口には「レッズハートフルフィールド駒場」のサインが。夕方18時半には屋根の下のロゴに、赤いLEDの光が灯る。駒場のスクールに来ていた父兄や、たまたま通りかかった人たちから、拍手が起きた。浦和駒場が生まれ変わった。ぜひ一度見に来てください。    画像(HT) 001.jpg  画像(HT3) 005.jpg   画像(HT3) 002.jpg   画像(HT3) 003.jpg   画像(HT3) 007.jpg      

【2012.07.06 HT:K】


「美園小」

4月9日にさいたま市の103校目「新しい小学校」と紹介させていただいた、美園小学校に初めてハートフルクラブとして訪問した。

まだピッカピッカの校舎の3階、6年生1クラス35名の2時限目に落合キャプテンの講話から始まった。

落合キャプテンのことをまったく知らない子供たちも目を輝かせ、一言一言を真剣に聞いていた。

休み時間も惜しげに3時限目の実技(サッカー)に突入。

弾けることが出来ないだろうと、担任の先生もちょっと心配していた6年生の女の子3人。

その女の子もサッカーってこんなに楽しいんだ、と目一杯サッカーを楽しんでいた。

画像(HT3).jpg

【2012.07.06 HT:K】


「ハンデをのりこえて」

埼玉県障害者スポーツ協会から、障害者のためのサッカー教室を開いてほしいと依頼がありました。7月1日(土)荒川総合公園サッカー場に約30人の知的、精神障害がある子供たちが集まりました。浦和レッズOBである西野務氏、都築龍太氏、そして内舘秀樹の3名が講師として招かれました。「一生懸命、そして楽しくサッカーをやろう」という掛け声の下、元気にボールを蹴りました。ピンクのビブスはサッカー経験者、白のビブスはサッカー初心者。最初は一緒に2人1組でボールを使っての準備運動。そして後半は2組に別れ、ドリブルやキックの基本を学んだ後にゲームを行ないました。経験者チームは、内舘のパスを元日本代表GK都築龍太にシュートする贅沢なシュート練習。初心者チームは西野の指導で人とぶつからないようにドリブルの練習。一生懸命ボールを追いかける姿は、なんら健常者と変わらぬプレーに、ついついこちらも熱くなる。全てが終わったときに皆から、「楽しかったな~」という声がいっぱい聞こえ、やっぱりサッカーっていいもんだな、と感じました。

そしてなにより子供たちはもちろん、一緒に来られた父母の方たちがとても喜んでくれたのがうれしかった。

  画像(HT) 001.jpg    画像(HT) 002.jpg     

【2012.07.01 HT:K】