表敬訪問(さいたま市・埼玉県)


2014FIFAワールドカップブラジルの日本代表メンバーに選出された西川周作選手が、13日(火)、清水さいたま市長を表敬訪問しました。

市役所の玄関ではレッズと日本代表のフラッグがお出迎え。

西川選手が職員の方から受け取った花束も“SAMURAI BLUE”にちなんで青を貴重とした花と、レッズのカラーである赤いバラをあわせたものでした。

記念品交換の際、西川選手から市長には、日本代表GKユニフォームにその場でサインをし、プレゼントしました。

市長から激励の言葉を受けた西川選手は、意気込みと抱負だけでなく、周りの人たちへの感謝の言葉を口にしていました。

最後に、報道陣も沢山集まり、少々改まった表情の西川選手でした。

つづきまして、
翌日は、上田清司埼玉県知事を表敬訪問しました。

県庁の前にはいつもどおり、たくさんのレッズのバナーが歓迎してくれました。

県議会にお邪魔して、記念品交換後の一枚。「勝」の字の入った縁起物の“コバトンだるま”をいただきました。

知事からは激励の言葉とともに、「勝って兜の緒を締めよではないけれど・・」と立派な兜をいただきました。

西川選手もじっくりと眺め、兜の前に付いている飾り部分を「Vだ!」とご満悦でした。

レッズの代表として、そしてさいたま市・埼玉県の代表としてぜひ頑張ってきてほしいです。

詳しくは浦和レッズオフィシャルサイト「トップチームトピックス」、下記リンク先ページをご覧ください。
■埼玉県庁表敬訪問
http://urx.nu/8hqq
■さいたま市役所表敬訪問 
http://urx.nu/8hqz

【2014.5.15. HT】