ENGLISH SITE

  • rexclug
  • ホームゲームイベント情報
  • ワンタッチパス
  • サイトメンバーズ

クラブインフォメーション

19.02.01


1/31 淵田敬三代表 退任会見

1月31日、さいたま市内のホテルで、浦和レッズの代表取締役社長を退任する淵田敬三代表の退任会見が行われ、就任からの5年を振り返った。

【淵田敬三代表】
「みなさんこんにちは。お忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございます。

私が浦和レッズに来たのが2014年の2月だったので、ちょうど5年が経ちました。5年が長いと言えば長いですけど、あっという間に経った5年だったと感じています。みなさまもご承知のとおり、いろいろな問題もありましたし、その一方で3年連続でタイトルを獲得することもできました。その中でも試合の一つひとつは厳しい状況があって、いろいろな経験をさせていただいた5年間だったと思っています。クラブとしては、この5年間で経営的な部分も含めて基盤ができつつあると思っています。2019シーズンはこの基盤をベースに、みなさまにも認識していただいてるとおり我々もかなりの補強をしているので、シーズンに向けていい状況にあると思っています。

いずれにしても、5年間みなさま本当にありがとうございました」

[質疑応答]
(就任から今日まで、浦和レッズの社長として一貫して変わらなかったポリシーは?)
「私の仕事はクラブを安定的に経営できるようにする、さきほど言った基盤づくりのようなところだったと思うので、そういうベースをしっかりやっていくというところでした。常々言っていたのは『凡事徹底』という言葉で、これは選手も同じかもしれませんけど、当たり前のことを当たり前にできること、それが一番大事だったと考えていて、そういうことをしっかりみんなでやっていこうというのは、一貫して言い続けてきたものだと思っています」

(いろいろなことがあった5年間と言っていたが、その中で一番心の中に残っていることは?)
「多すぎて、一番というのはないかもしれません。来て最初にああいう差別的な横断幕の事案というのがあって、2年、3年、4年、5年と本来に戻るために時間をかけてやってきたという意味では、一番大きかったのかもしれませんけど、昨シーズンや一昨シーズンの監督の交替をしなければならかったというところもやはり大きな決断のところでした。どれがと言えばおそらく横断幕事件のときの話だと思いますけど、やはり一つひとつが印象に残っているというか、非常に記憶に残っていることだと思っています」

(ホームゲームやアウェイゲームに行く機会もあったと思うが、その中で浦和の街のサッカーに対する雰囲気であったり、サポーターであったり、あらためて社長になって見えたものはあったか?)
「まず浦和の街に来てすごいなと思ったのは、至るところにサッカーがあることでした。私が育った街というのはそういうものがなかったので、やはりサッカーの街なんだなというのが、まずひとつの大きな印象でしたし、サッカーに対するみなさんの熱さが、普通の地域とは少し違うのではないかという印象と、それを証明するようにファン・サポーターの方のサッカーに対する熱量というか、もちろんすごく詳しいですし、サッカーに対する気持ちも他のところとはちょっと違う感じがしました」

(その印象は浦和レッズについてよく語られていることだと思うが、代表取締役になる前の非常勤のときには感じていなかったのか?)
「非常勤のときはここ(浦和)に暮らしていなかったので、試合に来たときに旗が上がって今まで以上に盛り上がっていたのかもしれませんけど、やはりどこでもサッカーをやっているんですよね。それが住んでみて、大きく意識として違ったところかもしれません」

(サッカークラブの代表という仕事は、実際に5年間やってどういうものだったか?)
「やはり普通とはちょっと違う、だけど経営という意味では似たような部分があるのかもしれません。では普通の部分と何が違うのかといったら、例えば私は(以前)車を売ったり車をつくったりしていて、車を売るということで考えたら、お客様の一人ひとりと社長が話すのかといったら、そういう場はないと思います。でも、サッカークラブはお客様でありながらサポートしてくれる人たちということで、やはりちょっと違うんですよね。そう意味では私が一番大事だなと思ったのは、そういう人たちとどうやってコミュニケーションをしっかり取っていくのかということで、やはり普通の物を売ったりつくったりしている会社とは違うので、やはり心が通じ合わないとなかなか分かり合えない、スポーツはなんでもそうなのかもしれませんけど、特にサッカーというのはそういうのが強いんじゃないかなという気がしました」

(その中で、ご自身だからこそしてきた努力は?)
「横断幕の事案があって、とにかくみんなとコミュニケーションを取らないといけないと思いました。最初、柏での試合に行ったときだったと思いますが、あのときはまだマスメディアの方も結構取材があって、ぐるぐる回ってついてこられたんですけど、やはりまだ来てから1ヵ月2ヵ月の話だったので、いくら話しかけてもみんなよそ者みたいな感じで接していたので、『これはちょっと時間がかかるな』と思いながらも、とにかく毎試合、アウェイも含めてそういうことをやっていかないといけないなと思いました」

(立花新代表に託したい思いは?)
「1年間一緒にやってきているので、私の姿とかやっていることはずっと一緒にやってきてくれているので、そういう意味では同じことをやってくれるものと思っています。もちろん彼は彼なりの、昔のサッカー選手としての見方もあるかもしれませんけど、ファン・サポーター、またはパートナー、ホームタウンの方とのコミュニケーションとか、そういうものが一番大事だというのはよくわかってくれていると思います」

(浦和レッズがこれから持つ可能性は?)
「さきほど申しあげたとおり、私の仕事はちょっと落ちていたクラブを、私の任期のところでとにかく基盤をしっかりして、次に飛躍できるような土台をつくっていくというのが使命だと思っていたので、それがある程度できたかなと思っています。今、サッカー界はDAZNマネーとかがあって、大きくなれるチャンスがあります。それをできるようなベースができているので、これからの浦和レッズはそこに向かっていけるだけの力はもうついてきていると思っていますし、それを狙っていかないと取り残されてしまいます。まさしく今年はそうした意味でのチャンスであり、大事なときだと思うので、そういうものを目指しながら、もう一度アジアのチャンピオン、さらには2022年ごろからクラブワールドカップの仕組みも変わりますので、本当にある意味で世界の一番のクラブというのが出てくるのかもしれないので、そういうところを目指していけるようなクラブにできる素地はあると思っています」

(淵田代表にとって、これから胸の中で浦和レッズはどういうモノであり続けるか?)
「私は車をつくって車を売っていて、こういう世界は味わってこなかったので、ある意味違う風景がちょっと見れましたので、そういうものをもっと大事にしていきたいと思います。自分の心の中にそういうことをもう一度大きく膨らませていく、そんなことをずっと考えていけたらありがたいなと思っています」

(サポーターとコミュニケーションを取る中で、印象に残っていること、言われてうれしかったことは?)
「言葉というよりも、最初はおそらくサポーターの方たちも『ポーズでやっているんじゃないの』と思われたと思います。だけどずっとやり続けると、2年ぐらい経ってから、例えばアウェイに行ったときもちょうど待機列の一番前のところでみんなに会えるからと思って(コミュニケーションを)やるようにしたんですが、そういうところを見続けてくれたが故に、2年、3年ぐらい経ったらやはり物の見方というか見え方が変わってきた部分があって、もちろんチームの成績が悪かったり、我々がちょっと失敗すると厳しい言葉はいっぱいありますけど、それよりもむしろ接し方がちょっと仲間に入れてもらえたような話し方が多くなってきて、『がんばってるよ』『がんばってね』とか『応援してるよ』というような言葉が、3年ぐらい経ったら結構増えてきたかなと、それが一番うれしかったですかね」

(基盤をつくって飛躍させるのが仕事だとおっしゃっていたが、その仕事にご自分で点数をつけるとしたら?)
「そういう意味ではまだまだだと思いますが、70点ぐらいですかね」

(マイナス30点の部分は?)
「やはり今はDAZNマネーというのをしっかり取っていかないと大きくなれないので、我々もそれを取るつもりでこの2年やってきて実現できていないので、取れていたらもうちょっと基盤がしっかりできていて、いろいろなことができている、いろいろなところに投資もできているだろうし、選手にももうちょっと投資できているかもしれないし、そのあたりが少し心残りかなと。あとはリーグ優勝ができていないということも大きなところだと思います」

(浦和レッズの代表というのは自分で任期を決められるものではないのかもしれないが、もしあと1年2年やるということになったら、これから何をやりたいか?)
「チームに関わる部分と育成のところです。特に育成とレッズランドのところをもう少し、かなり画を描いてきているので、そういうところもしっかりやれたらと思います」

(先ほど立花新代表についての話があったが、そのほかに淵田代表からご覧になって立花新代表の人となりや、こういうところに期待されているというところは?)
「私はどちらかというとベースからつくり上げていこうという、どんなところに行ってもそういう仕事が多かったので、どちらかと言えば着実に行くタイプなのかもしれませんけど、彼がそうではないと言っているわけではないですが、やはり今までずっと1年間話していて、しっかりとしたビジョンというか、大きな目標を掲げながら引っ張っていくタイプだと思います。そういう意味では僕がベースをつくって、それをうまく活用しながら、大きく飛躍していくリーダーとしては、非常にいいリーダーではないかと思っています」

(Jリーグの中でいろいろな意見も交わされたと思うが、今後のJリーグに期待すること、Jリーグの中における浦和レッズの今後の役割はどんなことに期待するか?)
「期待ではないかもしれませんが、やはり我々レッズもそうですし、鹿島さんもそうですが、いわゆる強くて大きなクラブがしっかりJリーグの中で存在感を出していかないといけないと思います。では今の仕組みが本当にそういうふうになっているかどうかというのが、もう少し議論が足りないのかなと思います。去年25周年を迎えて、リーグとしての新しいビジョンみたいなものを掲げて、社会連携をまずおきながら、フットボール、BtoB、BtoC、いろいろなことをやっていきましょうというところの中で見ると、フットボールのところは、どういうJリーグ、フットボールを日本は目指していくんですかという議論がちょっと足りないのかなと思います。みなさんに映っているのは、おそらく外国籍選手枠が撤廃するとかしないとかいう議論ばかり出ていると思いますが、では外国籍選手枠の登録を5人にして、若手の選手を育ててどういうリーグにしていくんですか、という議論がちょっと足りないのかなと思います。私は理事でもあったので、そういう部分についてはかなりリーグにも意見を申し上げてきたんですけど、なかなかそういう目指すべきところのリーグがどんなイメージなのかというのが、今でもちょっとわからないんですけど、ぜひそういうところにもう少し、我々も含めた中核となるクラブがしっかりと意見を言えるような場にして、それが反映されてくるといいのかなと思っています」

(退任した後、今後このレッズでの5年間をどのように生かして、どういうふうに過ごしていくのか?)
「あまり考えていないですね。とりあえずはゆっくりして、今までの5年間は、(それまでとは)かなり違う5年間だったので、自分の中で一回整理をして、自分が今まで見たことのない、例えば去年の末に『HEROs AWARD 2018』という表彰を受けたんですけど、アスリートの社会貢献活動に対して日本財団というところが表彰してくれるということで、我々もハートフルクラブの活動を認められて表彰されたんですけど、そういう中で一緒に表彰された方たちの活動を見ていると、もちろんアスリートもやっていますけど、アスリートではない方もNPO法人をつくったりしていろいろなことをやっているんですよね。私は社会人としてずっとビジネスみたいな部分をやってきたので、こういう世界も見えてくると、そういう世界も結構おもしろそうだなという感覚を持っていると、ちょっとそういうモノをもう一度自分の頭の中で整理して、なにか社会貢献できるようなことがあれば、やってみたいななんて思ったりしています」

(メディアという存在の価値であったり、意義というものはどう感じたか?)
「それは大きいと思います。私はやはりメディアという意味で一番インパクトがあったのは差別的横断幕のときの話で、『ここまで言われるのか』と思うぐらいいろいろな言われ方をしたので、そういう意味でのメディアに対する気持ちと、その一方で例えばチームが非常に脚光を浴びるような場面になると、もっと広く取り上げてくれる、そういう意味ではありがたい話だなと思いますし、我々はもっともっとみなさんと一緒になってサッカーを広めるようなことをしていかなければいけないのかなと思います。全般のメディアという意味では、少しサッカーの取り上げられ方が少なすぎるのかなと感じています。むしろ我々がそういうみなさんとうまくやっていく部分が、あまりうまくないのかなと思います。そういう意味では我々の中でも広報とかそういうプロモーションのところで、もうちょっと力を入れていく必要があるんじゃないかなと思っています。みなさんがいないと何も伝わっていかないので、ぜひ我々を使っていただきたいし、我々も使わせていただきたいし、ぜひお願いしたいなと思っています」

【浦和レッズオフィシャルメディア(URD:OM)】

1/31 淵田敬三代表 退任会見

クラブインフォメーション一覧へ

ページトップへ

    • POLUS
    • NIKE
    • mhi
    • MITSUBISHI MOTORS
    • enecle
    • Shimachu Home's
    • DHL
    • カブドットコム証券
    • ぴあ
    • ファンファンレッズ
    • ぐるなび&レッズ
    • アウェイチケット
    • アジアパシフィック
    • 観戦マナー
    • プライドリームス埼玉
    • iDEA For REDS!